『SPY×FAMILY』アーニャは可愛いだけじゃない。疑似家族をつなぐ語り手としての魅力
拡大する(全2枚)

ヒットを飛ばしているアニメ『SPY×FAMILY』。特に“娘”であるアーニャの可愛さが魅力ですが、一方で語り手としても重要な役割を担っているとか。

ジャンプ+』で連載が開始されると同時に多くの読者の支持を集め、一気に人気作の仲間入りを果たした『SPY×FAMILY』。この春、待望のアニメがスタートし、放送開始直後からSNSでトレンド入りするほどの話題作となっています。

本記事ではそんな疑似家族の「娘」であるアーニャに注目。可愛らしい仕草で視聴者を癒している一方で、物語の「語り手」としても活躍しているのです。

※一部、作品の内容・展開について触れている部分があります。
『SPY×FAMILY』アーニャは可愛いだけじゃない。疑似家...の画像はこちら >>

アニメ『SPY×FAMILY』コンセプトビジュアル

via アニメ『SPY×FAMILY』コンセプトビジュアル

“疑似家族”という関係性。カギを握るのは娘・アーニャ?

『SPY×FAMILY』の魅力を語るうえで外せないポイントは、主要キャラクターの関係性です。

主人公にあたる父「ロイド・フォージャー」、母「ヨル・フォージャー」、娘「アーニャ・フォージャー」は一見すると幸せそうな家族。しかし、ロイドとヨルはそれぞれ敏腕スパイ、凄腕の殺し屋という裏の顔を持つ偽装夫婦です。そして娘のアーニャはロイドが任務のために孤児院から引き取った養女。つまり、全てが嘘の偽装家族なのです。

『SPY×FAMILY』は、そんな嘘の家族がそれぞれの任務をこなしながら家族として生活していく物語。あくまでお互いの利害関係で繋がった偽装家族でありながら、自然とお互いを「大切な存在」として必要とし合う関係へと変化していきます。

そして、その本当の家族に近づいていく過程においてカギを握るのが娘・アーニャの存在です。アーニャは前述の通り孤児院育ちなため年齢もはっきりしていませんが、推定4~5歳。
天真爛漫で好奇心旺盛な、一見ごく普通の可愛い女の子です。しかし、彼女も両親と同じように秘密を抱えています。実は彼女は、ある組織の実験によって作られた人の心が読める超能力者。当然、両親の心の中も読めるので、全ての秘密を知っています。

好奇心旺盛で常に“わくわく”を求めるアーニャは、彼らの秘密を知ったうえでこの危険な偽装家族に自ら加わりました。幼さ故にスパイと殺し屋と一緒に暮らすことの危険性を理解できていないという危うさは、物語にさらなるスリリングさを与えます。

それに加えて、ロイドを「ちち」と呼ぶような可愛いらしいセリフや表情、天真爛漫な性格がストーリーにおける“癒やし”の役割も果たしているのです。さらに、素直で子どもらしい性格のアーニャは、目的を遂行するために偽装夫婦となったロイドとヨルの気持ちにも変化を与えます。

アーニャという存在がいなければ、あるいは娘がアーニャでなければこの偽装家族はお互いを求め合う疑似家族、そして本当の家族へと向かっていくことはなかったかもしれません。

それを象徴するエピソードが、イーデン校の面接において、面接官の「お父さんお母さんに点数をつけるとしたら何点かな?」という問いに対してアーニャが「100てんまんてんです。ちちもははもおもしろくてだいすきです。ずっといっしょがいいです。」と答えたシーン。

アーニャは子供らしく正直に答えたのですが、結果的に本当の親子関係ではないことにどこか後ろめたさを感じていたロイドとヨルを安堵させ、同時に家族であることを強く意識させるきっかけにもなりました。任務とは別に「家族としての始まり」を語ることのできるエピソードとも言えるでしょう。それほどにアーニャは、この家族の関係性の構築において大きな役割を果たしています。

アーニャというあまりにも魅力的な語り手


物語において「語り手」は非常に重要な存在となります。同じストーリーであっても誰の視点で描かれるのか、誰が語るのかによって読者に与える印象は大きく変わるものです。

本作はさまざまな視点から描かれており、語り手が1人に固定されているわけではありませんが、重要なシーンの多くでメインの語り手となっているのがアーニャです。アーニャはまだ幼く、しっかりとした教育を受けていなかったこともあり、言葉もたどたどしいため一見すると語り手にはあまり相応しくありません。しかし、アーニャは人の心が読めるうえに、忖度しない無邪気な子どもであるため、ロイドとヨルの感情の変化を読者に教える「語り手」として大きな強みを持ちます。

ロイドとヨルの仲がぎこちないと読み取った時の「ちちとはは、なかよくしないとダメ」というセリフなど、読者もハッとさせられるような視点でストーリーを伝えてくれるのです。

秘密だらけの家族の中で唯一全てを知っているアーニャだからこそ、読者に真のストーリーやキャラクターの心情を伝えることができます。加えて、アーニャの明るい性格によって暗い話になってしまいがちな嘘や秘密をコミカルに描くことで、作品ならではの独特の世界観が生み出されています。

たとえばロイドの数々の嘘に気付いているのにも関わらず、「ちちものすごいうそつき」「でも……かっこいいうそつき」と無邪気に目を輝かせるアーニャは、一見シリアスなテーマを扱う『SPY×FAMILY』において読者との間のクッションにもなり得る重要な語り手だといえるでしょう。

『SPY×FAMILY』エンディング主題歌アニメ映像(ノンクレジット)/“SPY × FAMILY” Ending theme song animation

via www.youtube.com

原作も併せて楽しみたい春アニメ最注目作「SPY×FAMILY」

原作の漫画も大ヒットを記録し、この春、満を持してアニメ化された「SPY×FAMILY」。すでに放送はスタートしており、大好評を得ています。

今回はそんな「SPY×FAMILY」の魅力を、家族の娘とされるアーニャに焦点を当ててご紹介しました。原作をすでに読んだという方も、未読の方もこれからますます加速していくアニメに注目しましょう。特に、アーニャの行動や発言に注目してストーリーを追ってみるとこの作品のさらなる魅力に気付くことができるかもしれません。
(執筆:佐々木ユウタ)

TVアニメ『SPY×FAMILY』第2弾PV/2022.04 ON AIR

via www.youtube.com■『SPY×FAMILY』星野源のEDが深いワケ。「喜劇」なのにネガティブな言葉が並ぶ意味は
https://numan.tokyo/comic/T2Tz1
■ 異例の大ヒット『SPY×FAMILY』はなぜ人気?ハートフル×シリアスの巧みさ
https://numan.tokyo/comic/5DidI
■いま『少年ジャンプ+』が熱い! 話題のマンガ5選『SPY×FAMILY』『怪獣8号』…ハマるポイントは?
https://numan.tokyo/comic/TiNFl

Blu-ray&DVD Vol.1追加特典情報!

2022年7月20日(水)発売『SPY×FAMILY』Blu-ray & DVD Vol.1初回生産限定特典のSPECIAL DISC(DVD)に収録される「SPY×FAMILY ~Stage Reading~」の内容がMISSION 3「受験対策をせよ」に決定。
声優キャストによる約30分の朗読劇をお楽しみに。

■SPECIAL DISC(DVD)SPY×FAMILY ~Stage Reading~「受験対策をせよ」
朗読劇話数:MISSION 3「受験対策をせよ」
出演:江口拓也(ロイド・フォージャー役)/種﨑敦美(アーニャ・フォージャー役)/早見沙織(ヨル・フォージャー役)

MISSION:3「受験対策をせよ」ビジュアル公開!!
『SPY×FAMILY』アーニャは可愛いだけじゃない。疑似家族をつなぐ語り手としての魅力

『SPY×FAMILY』MISSION:3「受験対策をせよ」ビジュアル

via 『SPY×FAMILY』MISSION:3「受験対策をせよ」ビジュアル

アニメ『SPY×FAMILY』作品情報

■作品情報
『SPY×FAMILY』
4月9日(土)23:00よりテレビ東京系6局ネット他にて放送中

■ストーリー
人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている――
世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。
とは、十数年間にわたる冷戦状態にあった。
西国の情報局対東課〈〉所属である凄腕スパイの〈〉は、
東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、
ある極秘任務を課せられる。
その名も、オペレーション〈〉。
内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”。
〈〉は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。
だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった!
3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。
ハプニング連続の仮初めの家族に、世界の平和は託された――。■STAFF&CAST
【STAFF】
原作:遠藤達哉(集英社「少年ジャンプ+」連載)
監督:古橋一浩
キャラクターデザイン:嶋田和晃
総作画監督: 嶋田和晃 浅野恭司
助監督:片桐崇 高橋謙仁 原田孝宏
色彩設計:橋本賢
美術設定:谷内優穂 杉本智美 金平和茂
美術監督:永井一男 薄井久代
3DCG監督:今垣佳奈
撮影監督:伏原あかね
副撮影監督:佐久間悠也
編集:齋藤朱里
音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
音響監督:はたしょう二
音響効果:出雲範子
制作:WIT STUDIO×CloverWorks

【CAST】
ロイド・フォージャー:江口拓也
アーニャ・フォージャー:種﨑敦美
ヨル・フォージャー:早見沙織
フランキー・フランクリン:吉野裕行
シルヴィア・シャーウッド:甲斐田裕子
ヘンリー・ヘンダーソン:山路和弘
ユーリ・ブライア:小野賢章
カミラ:庄司宇芽香
ミリー:石見舞菜香
シャロン:熊谷海麗
ドミニク:梶川翔平
〈WISE〉局長:大塚明夫
〈ガーデン〉店長:諏訪部順一
ナレーション:松田健一郎
ナレーション:松田健一郎■放送・配信情報
毎週土曜23:00 テレビ東京系6局ネット他にて放送中

新潟テレビ21 4月11日(月)より    毎週月曜25:45~
テレビ静岡 4月11日(月)より    毎週月曜26:00~
東北放送 4月12日(火)より    毎週火曜25:00~
中国放送 4月13日(水)より    毎週水曜25:25~
テレビユー福島 4月22日(金)より    毎週金曜25:55~
テレビ山梨 4月24日(日)より    毎週日曜24:50~
テレビ和歌山 4月28日(木)より    毎週木曜24:35~
南日本放送 5月2日(月)より    毎週月曜24:55~
長野朝日放送 5月7日(土)より    毎週土曜16:00~
びわ湖放送 5月8日(日)より    毎週日曜25:30~
長崎放送 5月21日(土)より    毎週土曜25:28~
BSテレ東 4月10日(日)より    毎週日曜24:35~

【配信情報】
毎週土曜23:30より各動画サービスにて最新話順次配信

ABEMAプレミアム
Amazon Prime Video
Disney+(ディズニープラス)
dTV
dアニメストア
dアニメストア ニコニコ支店
dアニメストア for Prime Video
FOD
Hulu
J:COMオンデマンド
milplus
Netflix
Paravi
TELASA
TELASA(auスマートパスプレミアム)
U-NEXT
アニメカ
アニメタイムズ
アニメ放題
バンダイチャンネル
他■公式サイト:https://spy-family.net/
■公式Twitter:https://twitter.com/spyfamily_anime
■公式Instagram:https://www.instagram.com/spy_family_official/

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

『SPY×FAMILY』連載開始記念PV

via www.youtube.com

この記事の画像

「『SPY×FAMILY』アーニャは可愛いだけじゃない。疑似家族をつなぐ語り手としての魅力」の画像1 「『SPY×FAMILY』アーニャは可愛いだけじゃない。疑似家族をつなぐ語り手としての魅力」の画像2