叶恭子様のコスプレに熱中❤究極ボディでゴージャスな姿にひれ伏す…!【峰不二子、キャットウーマン etc.】

ジョジョの奇妙な冒険』ジョルノ・ジョバァーナなど華麗なる男装が話題になった叶姉妹・叶恭子さん。実はこれまでも男装以外のコスプレをたくさん披露してくれていました。そこにはコスプレを「作品」と呼ぶ恭子さんのこだわりが。峰不二子(『ルパン三世』)やキャットウーマン(『バットマン』)などご紹介します♪

ここ最近、ファビュラスなボディを活かした再現度の高いコスプレで世間を賑わしている叶恭子さん・美香さん姉妹。特に恭子さんは、男装のコスプレも積極的に披露しており、先日ご紹介した『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』の主人公ジョルノ・ジョバァーナのコスプレは、あまりのリアリティに感激の声が数多く寄せられていました。

そこで今回は、叶恭子お姉さまのファビュラスなコスプレの歴史に注目したいと思います!

ジョルノ・ジョバァーナ(『ジョジョの奇妙な冒険』)

やはり最初はこのコスプレからご紹介したい……! 『ジョジョの奇妙な冒険』第5部「黄金の風」の主人公「ジョルノ・ジョバァーナ」です。作品のキャラクターがそのまま立体として表れたかのような華やかで力強い男装に、思わず目を奪われた人も多いはず。

美香さんいわく、目力や唇の形など、顔立ちと雰囲気がそっくりだと感じていたそうで、ファンの間からも「ぜひ恭子さんにコスプレしていただきたい!」とリクエストが多かったといいます。

ファビュラスなバストを平らにつぶし「男性マッスルシャツ」を着用するなど、ボディラインを完全再現しようとする意気込みや、体幹を活かしたポージングなど、恭子さんの「リアリティ追求」のすご味が伝わってきますよね……!

キャットウーマン(『バットマン』など)

『バットマン』に登場するスーパーヴィラン、「キャットウーマン」も、恭子さまにかかればこの通り。
「ロケット型バスト&ハート型ヒップ」を惜しげもなく強調する衣装もさることながら、恭子さんらしさにあふれているのがそのポージングです。

高さ18センチ(!)という針のようなヒールを履きながら、今にも飛びかかってきそうな「キャットウーマン」の動きを再現しているバランス感覚の素晴らしさに驚嘆してしまいます。

峰不二子(『ルパン三世』)

日本のセクシー代表、「峰不二子」のコスプレも。イメージそのままの姿と言っても過言ではないですよね。

『ルパン三世』の中では、ルパンのみならず、物語の中に登場する男性をことごとく翻弄する“魔性の女”としても描かれる峰不二子ですが……こんな女性に誘惑されたら、そりゃ抗えません~!
ツンと上向きのバストに高くくびれた腰は、女性から見てもドキドキするほど魅力的です。

シンデレラ(ディズニープリンセス)

そしてこちらは、セクシーさとはまたちょっと違った恭子さんの魅力を堪能できる「シンデレラ」のコスプレ。メイクや表情など「日本人ぽさ」を消し去って、見事にディズニープリンセスの造形を再現しているところが、さすが恭子さま!

この写真につけられた美香さんのコメントが、またとってもお茶目なんです。

「えっ…なぜ12時に帰らなくてはいけないの… か、かぼちゃの馬車?? リムジンが迎えにくるので大丈夫なの と、言いそうですよ」(叶姉妹公式Instagramより)

たしかに、このシンデレラには、継母や姉たちにいじめられて苦労している感じは少しもありません……(笑)。でもそんなゴージャスなプリンセスを体現できるのも、恭子さまだからこそ、ですよね!

マリー・アントワネット

個人的に「これぞ恭子さま……!」と感じるコスプレが「マリー・アントワネット」。
フランス革命における象徴的な存在で、悪評もありますが、数奇な運命を辿りながらも断頭台に立つ最後の瞬間まで毅然とした態度を崩さなかったと伝えられる人物です。

恭子さん・美香さんは、マリー・アントワネットを「悪人」だととらえていないと語っていて、このコスプレからも、高貴さや凛とした心の強さのようなものを感じます。
ブロンドのウィッグと、クラシックなバラ色のドレスがほんっとうにお似合いです!

「表現」「作品」としてのコスプレ

恭子さんのコスプレは、どのキャラクターを見ても、原作への尊敬と愛がにじみ出ています。
でもそれだけではなく、恭子さん自身が持つ芯の強さや、恭子さんの思うそのキャラクター“らしさ”が、コスプレを通して表現されているのではないでしょうか。
自分自身の写真集でありながら
自分自身が違うものを
誠意と敬意をもって表現し
観てくださる方々の心が
次元を超えて自由になって
感動できるものを
丁寧につくりあげる
心してとりかかなければ
ならないとても
神聖でアーティなプロジェクトvia kanosisters on Instagram
これは恭子さんが、美香さんに語った言葉。叶姉妹のお二人にとって、コスプレとは一体なんなのか。そしてなぜ、私たちが魅了されるのか……その答えがすべて、この言葉につまっているような気がしました。

悪女はただの悪女ではなくなり、プリンセスはただのプリンセスではなくなる。
写真を撮影された瞬間に、それぞれのキャラクターがその姿やポーズに至るまでの物語が伝わってくるような……「ただのコスプレ」ではなく、まぎれもない恭子さんの「作品」として仕上がっているからこそ、こんなに魅力的なんですね!

執筆:森本マリ■完成度に驚愕…!叶姉妹の『鬼滅の刃』コスプレまとめ 鬼舞辻無惨に‟幻の禰豆子”まで
https://numan.tokyo/column/oyyyZ
■眼福です…!叶姉妹の新作『ジョジョ』徐倫のコスプレが美しい。衣装は“ベルサーチ”のビンテージドレス!?
https://numan.tokyo/anime/2vvCb
■鬼気迫る美しさ…!叶美香の『鬼滅の刃』累コスプレに感嘆の声 “総集編”には煉獄杏寿郎の姿も。
https://numan.tokyo/column/8EcRm
編集部おすすめ

当時の記事を読む

numanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジョジョの奇妙な冒険」に関する記事

「ジョジョの奇妙な冒険」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジョジョの奇妙な冒険」の記事

次に読みたい「ジョジョの奇妙な冒険」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク