東京ヤクルトスワローズと社会貢献活動を実施

東京ヤクルトスワローズと社会貢献活動を実施
埼玉県深谷市の少年野球チームを神宮球場のイベントに招待、ギャオス内藤さんを講師に迎えた「UACJ野球教室」を開催

 株式会社UACJ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石原美幸、以下「UACJ」)は、スポーツを通じて次世代を担う青少年の育成を図ることを目的に、東京ヤクルトスワローズと野球に関連する社会貢献活動を実施しました。なお、本活動は昨年に続いて2回目となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/33275/3/resize/d33275-3-297667-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/33275/3/resize/d33275-3-698215-1.jpg ]

 5月11日には、深谷市の少年野球チームに在籍する少年少女を対象とした「UACJ野球教室」を開催しました。このイベントは、将来を担う子供たちにスポーツの楽しさや魅力を伝え、スポーツの普及及び青少年の健全な育成を目指すものです。当日は、約100名の小学生が参加し、野球解説者でタレントの内藤尚行さん(通称 ギャオス内藤)、宇佐美康広さん、徳山武陽さんら3名のスワローズOBが技術指導にあたりました。内藤さんは、「こうした企業の社会貢献活動を継続しておこなうことは容易ではありませんが、昨年に引き続き素晴らしい機会を頂き、子供達に再会できたことを大変光栄に思います。今後も継続して将来を担う子供たちに野球を通じて豊かな学びと経験の機会提供をサポートしていきたいです。」と語っていただきました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月13日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。