Jリーグは大丈夫? 万能ではないVAR運用の「リアル」と「審判員の本音」

Jリーグは大丈夫? 万能ではないVAR運用の「リアル」と「審判員の本音」

2020シーズンよりJ1リーグ全試合を含めた321試合での運用が決まっている、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)。昨シーズン誤審が相次いだことで1年前倒しでの導入が決まった経緯がある。だがタイで開催されているAFC U-23選手権の日本代表とカタール代表の試合でVARによる不可解な判定が下された事案があったように、導入への不安は少なからず残る。
Jリーグでは実際どのようにオペレーションすることになり、開幕に向けてどんな準備をしているのだろうか? 昨年末に実施された公開トレーニングから、「VARのリアル」を紐解きたい。

(取材・文・撮影=藤江直人)

『APP Start』と『Reset』、VARの基本となる2つの言葉

照明が落とされた狭い室内は90分間を通して、2種類の英語が頻繁に飛び交う空間と化していた。一つは『APP Start』であり、もう一つは『Reset』となる。2月に幕を開ける2020シーズンのJ1で導入されることが決まっている、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が声の主だ。

予定を1年前倒ししてのスタートを目前に控えて、日本サッカー協会(JFA)の審判委員会およびJリーグによる準備が大詰めを迎えていた昨年末。全日本大学サッカー連盟の新人戦で特別にVARを実施し、ライセンス取得へ向けて積まれているトレーニングがメディアに公開された。

ピッチから離れた場所に設けられたビデオ・オペレーター・ルーム(VOR)内にメディアが入り、実際の試合中に何度も繰り広げられた、VARとピッチ上の主審とのやり取りを見聞きすることができた初めての機会。そこで頻繁に耳に飛び込んできたのが『APP Start』と『Reset』だった。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。