矢野顕子が語る、デビュー45周年のニューアルバム「このバンドだからこそ、生まれた作品」

矢野顕子が語る、デビュー45周年のニューアルバム「このバンドだからこそ、生まれた作品」
拡大する(全3枚)
宇宙の魅力。誕生の真理。大きな愛。個人的な体験。多くの日本人に知られた歌物語。そしてコロナ禍を見つめる音楽家の視点。その全てが見事に調和し、ピュアな力強さとスタンダードナンバーのような懐かしさを兼ね備えたアルバム『音楽はおくりもの』は、デビュー45周年を迎えた矢野顕子が、小原礼(Ba)、佐橋佳幸(Gt)、林立夫(Dr)ら歴戦の猛者と素晴らしいグルーヴを奏でた傑作だ。

リリースに先駆け、矢野は本作についての下記のオフィシャルコメントを発表していた。以下にその全文を引用する。

「辞世の句というものがある。自分が世を去る前にあらかじめ用意しておくものもあるらしい。矢野顕子の場合、『音楽はおくりもの』はそういうものかもしれない。ポップソングを作り続けて何年経ったのかわからないが、こういうものが作れたこと、そして一緒に作り上げる仲間に恵まれて、わたしは幸せです。すっごく」

確かな手応えの背景と”おくりもの”の真意を語る矢野の言葉は改めてコロナ禍を生きる音楽リスナーに”音楽”の存在意義を問いかける。

ーー本作は矢野さんが小原さん、佐橋さん、林さんらと奏でたバンドサウンドですね。

3人とも自分が曲にどう貢献することが出来るかと最大限にアイデアを振り絞ってくれました。それが仕上がりにもしっかりと反映されていたのでアレンジ&プロデュースのクレジットは4人の連名にしました。

ーー矢野さんはニューヨーク在住です。今回のレコーディングはどのように進められましたか?

この記事の画像

「矢野顕子が語る、デビュー45周年のニューアルバム「このバンドだからこそ、生まれた作品」」の画像1 「矢野顕子が語る、デビュー45周年のニューアルバム「このバンドだからこそ、生まれた作品」」の画像2 「矢野顕子が語る、デビュー45周年のニューアルバム「このバンドだからこそ、生まれた作品」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

矢野顕子のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「矢野顕子」に関する記事

「矢野顕子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「矢野顕子」の記事

次に読みたい「矢野顕子」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク