米紙「ナポレオンの予言は当たるか?」 中国は覇権を手にするか

       
 米紙ニューヨーク・タイムズは「中国経済:中国は世界覇権を手に入れるか?」と題した記事を掲載した。26日、中国網(チャイナネット)日本語版が伝えた。

 かつてナポレオンは「中国が目覚める時、世界は震撼するだろう」と述べたという。だが、それから150年以上もの間、ナポレオンの予言が実証されることはなかった。古代文明を持つ中国という国名が、「孤立」「停滞」という代名詞をもって表現された時代もあった。

 そして今、まさに高度経済成長で「目覚めた」中国は、日本をも凌ぐ世界第2位の経済大国になっだ。今後20年以内には米国を抜き、世界のトップに躍り出る、と各メディアは伝えている。トウ小平により1978年に開始された改革開放以来、中国経済は毎年10%近い成長率を保持しており、有史以来、もっとも経済成長が持続している国の一つになっている。だが、経済成長によりもたらされたその国富を、中国はどのように運用していくのか?というのが主要な問題となっている。

 かつては、「国が富めば、武装を強化し、敵国を疲弊させ、自国を強大化する」という答えが正解とされた。18世紀のヨーロッパで支配的であった経済政策「重商主義」の理論に基づけば、経済力と軍事力は相互に促進するものであった。だが、21世紀以降を振り返ると、中国研究家らの観点は以下のように共通している。「共産主義の脅威は、いわゆる黄禍論(黄色人種脅威論)と同じく、砂上の楼閣にすぎない」と。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年8月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。