【華流】話べたでお酒が苦手なアンディ・ラウ、ホスト役は無理!?

【華流】話べたでお酒が苦手なアンディ・ラウ、ホスト役は無理!?
香港スターのアンディ・ラウが、自ら投資し主役を演じた最新作『風暴』のプロモーションのために台湾へ。力を込め映画のPRに努めた。(写真は「CNSPHOTO」提供、台湾で映画『風暴』をPRするアンディ(左)とラム・ガートン。2013年12月撮影)<br><br>【関連記事】<br><a href="http://news.searchina.net/id/1519114">【華流】ジェイ・チョウ、映画館を貸切り仲間の監督デビューを祝福</a><br><a href="http://news.searchina.net/id/1519051">【華流】五月天、オノ・ヨーコと対面し感激!「イマジン」歌う</a><br><a href="http://news.searchina.net/id/1519165">【華流】ジェイ・チョウ、科学クイズ番組に参加者として出演!</a><br><a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1214&f=entertainment_1214_003.shtml">【華流】ジャッキー・チェン高額ギャラ指摘を否定、映画は成績重視</a><br><a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1121&f=entertainment_1121_007.shtml">【華流】台湾歌手収入番付、トップはショウ・ルオで21億円!</a><br>"(サーチナ)
  香港のスター・劉徳華(アンディ・ラウ)が、自ら投資し主役を演じた最新作『風暴』のプロモーションのために台湾へ。力を込め映画のPRに努めた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

  多忙なアンディの台湾滞在は6時間ほどだったというが、配給会社や映画館の社長を接待し、ホスト役に回った。「この作品で僕はプロデューサーという立場でもありますが、もう1人のプロデューサーから映画公開までの流れを学びました。そこで初めて、食事会を設定するなどの接待についても教わりましたが、得意ではないと気づきました。話しべたな面があり、赤ワインが飲めないんです。接待よりも現場や制作過程の計画が向いている人間です」と苦笑したアンディ。監督を始めとしたスタッフからは、裏方としても主演男優としても「できた人」と性格の良さを褒められ、さらに評判をあげた。

  30年以上も「できた人、いい人」イメージを維持しているのが現実だが、「いい人でいるのが仮面だったらつらいと思います。でも幸い、僕は元々こんな性格で疲れながら演じている訳ではありません。会社や家で怒ることが多いのですが、撮影現場で怒鳴ったこともあります」とエピソードを語り出したアンディ。『ゴールデンスパイ(原題:天機:富春山居図)』という作品の照明担当数人が、仕事もせず携帯電話をいじってばかりいた。その時は電話を片付けて仕事をしろと、怒りました。彼らにとって僕は、いい人ではないと思う」など明かした。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2013年12月24日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。