日本を旅行する中国人と韓国人、一見似ているがすぐに見分けがつくらしい それはなぜ?=中国メディア 

日本を旅行する中国人と韓国人、一見似ているがすぐに見分けがつくらしい それはなぜ?=中国メディア 
中国メディアは、日本で団体行動をしている旅行者の大部分が中国人観光客であると説明。赤いスカーフやサングラス、手に持っているペットボトルや水筒が特徴であり、日傘を差して歩いているのも基本的に中国人観光客であると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)<br>(サーチナ)
 中国メディア・東方網は18日、日本を訪れる中国人観光客と韓国人観光客について、日本のガイドは簡単に見分けることができるとする記事を掲載した。

 記事は、日本も中国も韓国も同じアジアの国であり、黒い髪の毛と黄色い肌という共通の特徴を持っているため、民族衣装を着ていなければその見た目は非常に似通っていると紹介。一方で、日本でガイドをしている人は日本旅行にやってくる中国人と韓国人を、一目で見分けることが可能だとし、両者の違いをはっきりと認識しているとした。

 まず、団体行動をしている旅行者の大部分が中国人観光客であると説明。中でもツアー旅行をするのは中国の中高年者で、赤いスカーフやサングラス、手に持っているペットボトルや水筒が特徴であり、日傘を差して歩いているのも基本的に中国人観光客であると伝えた。

 また、商業施設で大小さまざまな袋を持って歩いているのも、ほぼ中国人観光客だと紹介。彼らは日本でたくさんのお土産を買って帰るのが一般的であり、大都市で荷物をたくさん持ち歩いているのはショッピングを済ませた中国人観光客であるとしている。

 さらに、着ている服でも中国人と韓国人の区別がつくとし、韓国人は旅行の時でも比較的体裁の良い服を身に着けるが、中国人観光客は気ままであり、格好もかなりラフであると指摘。このほか、非常に鮮やかな色彩の服を着ているのは韓国人観光客だと解説した。

 いがぐり頭にスーツ、いかついサングラスといった格好の中国人観光客をたまに観光地で見かけることがある。日本人の感覚からすると奇妙なのだが、中国の中高年の男性にとっては比較的ポピュラーな恰好なのだ。若者を中心に、日本人だか中国人だか見分けがつかないケースも多いが、なんとなく「中国っぽい」いで立ちの人を見かけると、なんだかホッとした気分にもなるのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本の天皇の存在については、われわれにも学ぶべき点がある=中国メディア
電気屋で必死に「ノー」と言ってくる日本の店員に、誠意と責任感を覚えた=中国メディア 
日本を代表する調味料の味噌、台湾人も大好きだった=中国メディア 
1年間日本でごみ拾いを続けた中国人女性が、日本で賞賛されている!=中国メディア
日本の和牛、正式に中国の食卓に並ぶ日が近づきつつある=中国メディア

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年4月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら