〈令和元年7月の受給展望 牛肉〉下旬は需要期入りも和牛は引き続き苦戦、交雑も下げ基調に

〈令和元年7月の受給展望 牛肉〉下旬は需要期入りも和牛は引き続き苦戦、交雑も下げ基調に

畜産日報 2019年7月5日付

〈和去A5は2,650円前後、A3は2,150円前後か〉
6月の牛枝肉相場は、不需要期に入り消費が縮小したものの、和牛の出荷頭数が概算で4%近く少なかったこと、さらに東京食肉市場では例年通り共励会、研究会が多く相場が下支えされたことで、5月に比べ和去A5で37円高、A3で15円高と当初の下げ予想に反しわずかな上昇となった。また量販店などで高値の和牛から需要がシフトしていた交雑種は、価格が上がりすぎたため今回は高値調整で下げに転じた。

なお、店頭での販売は、6月中下旬は首都圏で30℃近くまで気温が上がり、切り落としやスライスではなく、焼き材の販売が中心となった。また、大手量販店でアルゼンチン産牛肉を使った商品を期間限定で販売したり、関税の下がったカナダ産のフェアなどが行われるなど、輸入牛肉では、新規供給国、TPP11協定国による話題作りが目立った。

7月は、15日の「海の日」の3連休以降、夏の需要期に入る。しかし、足元では九州地方など西日本を中心に大雨が続き、牛肉をはじめ食肉消費全体への影響も懸念される。「海の日」以降の需要期については、焼き材、ステーキ商材が中心であり、国産よりも輸入牛肉の販売がメインとなる。7月下旬からは、旧盆需要に向けた手当てが入るものの、輸入に販売がシフトしていることもあって年々そのインパクトは小さくなり、単に旧盆休みの間の分を前倒しで手当てする状況になりつつある。なお、3日の相場は和去A5で2,636円、A3で2,184円と、6月平均価格に対しA5で134円、A3での51円それぞれ下げている。これらを勘案すれば、7月の枝肉相場は6月を下回ると見ざるを得ず、和去A5は2,600~2,700円、A3は2,150~2,200円、交雑B2も1,450~1,500円と見込まれる。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年7月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。