絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳と指宿温泉

絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳と指宿温泉
       
鹿児島・薩摩半島のシンボル、日本百名山の開聞岳。山に登ったら山の中と思いきや、ここでは広々とした海と大空を実感できるんです。今回ご紹介するのは、薩摩富士とも呼ばれる開聞岳への登山と、天然の砂蒸し温泉で知られる指宿温泉への旅です。
絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳...の画像はこちら >>

とにかく海と空が広い!開聞岳の頂きへ
標高924m。薩摩富士と呼ばれる指宿のシンボル、開聞岳は周辺のどこからでも富士山のような美しい円錐形を望むことができる美しい山です。太平洋戦争の末期、近くの知覧から飛び立った特別攻撃隊の戦闘機は、この開聞岳を最後に見る日本の景色として、故郷や家族に別れを告げたという悲しい話も残っています。

絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳と指宿温泉


さて開聞岳です。標高1,000メートルにも満たない山なのですが、深田久弥は著書「日本百名山」で「高さこそ劣れ、ユニークな点では、この山のようなものは他にないだろう。これほど完璧な円錐形もなければ、全身を海中に乗り出した、これほど卓抜な構造もあるまい。名山としてあげるのに私は躊躇しない」と記しています。

絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳と指宿温泉


まずは登山の入口となる「かいもん山麓ふれあい公園」の駐車場に車を置きました。ここは、広々とした自然公園で、キャンプ場も整備されています。このキャンプ場を横切って目の前の山頂を目指すことになります。

絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳と指宿温泉


登山口、そして登山のルートはひとつしかありません。円錐形の丸い山をぐるりと回り込みながら高度を高め、山頂を目指すことになります。
絶景と秘湯に出会う山旅(18)山と海をひとり占め!開聞岳と指宿温泉


北アルプスや南アルプスの山とは全く景色が違います。登山道の両側には、南の国のジャングルのような亜熱帯の樹木が茂っています。

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。