『なつぞら』はヒロイン出身者のオールスター戦!? 10年後の朝ドラキャストも勝手に予想

『なつぞら』はヒロイン出身者のオールスター戦!?  10年後の朝ドラキャストも勝手に予想
現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』

ヒロイン・さんのイキイキとした演技で人気ですが、過去の朝ドラのヒロイン経験者が次々と登場していることでも話題になっています。

そんな顔ぶれを紹介します。

■“おしん”小林綾子さんは36年ぶり、“北海道の母”松嶋菜々子さんは23年ぶりに再登板朝ドラのヒロイン経験者が再登板するケースは『ゲゲゲの女房』(2010年度前期)ヒロインで、今春まで放送された『まんぷく』に出演したさんなどいくつかの例はありますが、今回は連続テレビ小説第1作『娘と私』(1961年度)ヒロイン・北林早苗さんが、戦時中になつと出会うおばあさん役で出演したのをはじめ、“数十年ぶり”のレジェンドの再登板が目立ちます。これは『なつぞら』が連続テレビ小説100作目の記念作という記念作ということで、レジェンドたちの再登板が実現しているようです。



今回特に大きな話題となったのは、歴代最高視聴率を記録した『おしん』(1983年度)で一世を風靡したさんが朝ドラに帰ってきたこと。本作で小林さんは、なつの北海道での幼なじみ・天陽(吉沢亮)の母親・タミ役を演じています。タミは決して楽ではない家計をアルバイトしながら支え、天陽や友人のなつに優しい母親。『おしん』で大ブレイクし、大人になってからも女優としてドラマ、映画、舞台と幅広く活躍してきた小林さん、今回朝ドラへの出演は36年ぶりになります。



そして、北海道に来たなつの、育ての母・富士子を演じているのが松嶋菜々子さん。第7週までの北海道編では特に大きな存在感を示していました。松嶋さんは1996年度前期の『ひまわり』で弁護士となるヒロイン・南田のぞみ役を演じました。その後は多くの人に知られるように、『GTO』(関西テレビ/

あわせて読みたい

気になるキーワード

日本タレント名鑑の記事をもっと見る 2019年6月11日の芸能総合記事
「『なつぞら』はヒロイン出身者のオールスター戦!? 10年後の朝ドラキャストも勝手に予想」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    随所に出てくる「さん」「さん」ってのはあえてそうしているのでしょうか?

    3
  • 匿名さん 通報

    名前抜けてない?誰が誰やら...

    0
  • 匿名さん 通報

    ゴミ記事

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「深夜番組」のニュース

次に読みたい関連記事「深夜番組」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。