まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?
拡大する(全5枚)

まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入り...の画像はこちら >>

2022年5月を振り返ると、まるで梅雨のようにぐずついた所もあれば、極端に少雨の所もありました。梅雨の沖縄は記録的大雨で日照不足に。関東は5月としてはヒンヤリした日が多かったものの、5月下旬に過去10年間で最も遅い初真夏日となった同日に、猛暑日を記録するなど、気温の変化がめまぐるしくなりました。あすから6月がスタート。天気や気温の傾向は?

沖縄は「記録的大雨」と「日照不足」

まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?

沖縄地方では5月4日頃に、奄美地方では5月11日頃に梅雨入りしたとみられると発表がありました。(沖縄地方は平年より6日早く、奄美地方では平年より1日早い梅雨入り)

梅雨入り後は、梅雨前線が沖縄付近に停滞しやすかったため、5月の月降水量は、沖縄、奄美地方では平年の5月1か月分の降水量の2倍から3倍になった所が多くなりました。
28日(土)は宮古島地方に、きょう31日(火)は沖縄本島地方に記録的短時間大雨情報が発表され、猛烈な雨を観測した所もありました。
宮古島では5月の月降水量が800ミリを超える大雨となり、観測史上1位の雨量となりました。(これまでの通年1位は1985年8月の751.0ミリ)

また、沖縄・奄美地方では、5月1か月の日照時間は、平年の40%以下にとどまり、那覇は62.7時間、石垣島は71.9時間など、5月としては観測開始以来、最も少なくなりました。(31日午後5時まで)

きょう31日(火)も沖縄本島地方や先島地方を中心に大気の状態が非常に不安定で、発達した雨雲がかかりやすくなっています。大雨となった後ですので、土砂災害に警戒してください。激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。


この記事の画像

「まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?」の画像1 「まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?」の画像2 「まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?」の画像3 「まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?」の画像4
「まるで梅雨のようだった5月 沖縄は記録的大雨 6月の梅雨入りと暑さは?」の画像5