どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146

※2019年7月撮影

では、富山地方鉄道の魅力的な木造駅舎の総集編。第二回です。

東三日市駅。1922年(大正11年)黒部鉄道の駅として開業。1959年(昭和34年)に駅舎が改築されています。ちょうど還暦ですね。珍しく方形に近い駅舎。周囲の石段も良いです。

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146
※2019年7月撮影

荻生駅。1922年(大正11年)黒部鉄道の駅として開業。残念ながらレールの反対側に新しいホームと駅舎が作られています。この建て替え前にこの駅に行きたかったので今回のタイミングになったのです。この木造駅舎を眼に焼き付けたい方は、急いで富山に行きませう。

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146
※2019年7月撮影

舌山駅。1922年(大正11年)黒部鉄道の駅として開業。塗装が少しずつ傷んできました。塗って無い状態もチャーミングだと思いますが。

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146
※2019年7月撮影

若栗駅。1922年(大正11年)黒部鉄道の駅として開業。線路の反対側に使われなくなった側線が残っていました。丸太が並べられているのも面白かった。

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146
※2019年7月撮影

浦山駅。1922年(大正11年)黒部鉄道の駅として開業。雪深いエリアなのでシングル屋根です。元は瓦葺きだったのかしら。

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146
※2019年7月撮影

愛本駅。1923年(大正12年)黒部鉄道の駅として開業。屋根の作りが複雑です。この駅から山間部に入ってゆくので、踏切の向こうはダイレクトに山です。

どうやって大切に使ってゆくか 富山地鉄全駅探訪64 【50代から始めた鉄道趣味】146
※2019年7月撮影

内山駅。1923年(大正12年)黒部鉄道の駅として開業。補修でトタン板に覆われていました。ホーム側は木の地が出ているのでそちら側から見ると魅力的ですよ。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。