アベノミクスで円安になっても景気の押し上げ効果が薄かった理由

アベノミクスで円安になっても景気の押し上げ効果が薄かった理由

アベノミクスによる円安は、景気を押し上げる効果をほとんど持ちませんでした。その理由について久留米大学商学部の塚崎公義教授が解説します。



■「円安が輸出企業の利益を増やす」には要注意



「円安になると、輸出企業の利益が増えるから、景気にプラスだ」といった発言を時々耳にしますが、これはミスリーディングですから、注意が必要です。円安で輸出企業の利益が増えるのには「円安で輸出数量が増えるから」「円安で、輸出代金のドルが高く売れるから」という二つの理由がありますが、後者は景気にプラスには働きません。



日本は輸出と輸入が大体同じ金額なので、輸出企業が持ち帰った輸出代金を高く売れる分だけ、輸入企業が輸入代金のドルを高く買わされることになり、プラスマイナスはゼロだからです。というよりも、むしろマイナスかもしれません。



マイナスだと考える理由の第一は、円建ての輸出があるので、輸出企業が売るドルよりも輸入企業が買うドルの方が多いだろう、ということです。



マイナスだと考える理由の第二は、輸入企業は費用の増加の一部を売値に転嫁するので、消費に悪影響を与える、ということです。一方の輸出企業が儲けを設備投資や賃上げなどに使ってくれれば良いのですが、そうではなく内部留保や配当に使う場合が多いようです。



内部留保は、現預金として積み上がるか借金の返済に充当されるでしょうから、景気にはプラスに働きません。配当も、受け取った投資家が再投資に用いる場合が多いでしょうから、消費には結びつきにくいのです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + 金融緩和」のおすすめ記事

「アベノミクス + 金融緩和」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月22日の経済記事

キーワード一覧

  1. アベノミクス GDP
  2. アベノミクス 消費税
  3. アベノミクス 賃金

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。