【有名人に多い!】究極のミニマム生活~ホテル暮らしのメリットデメリット~

【有名人に多い!】究極のミニマム生活~ホテル暮らしのメリットデメリット~

非日常の世界とも言える、都心の一流ホテル。そこを生活の場としている人は、著名人にも多くいます。古くは全日空ホテルに暮らした映画評論家の故淀川長治さん。帝国ホテルに暮らした大女優の故山田五十鈴さん。海外ではココ・シャネルがフランスのホテルリッツのスイートルームを住まいとしていたことが知られています。



作家の伊集院静さんも、20代後半からの7年程、逗子のなぎさホテルに暮らしていました。故夏目雅子さんとの愛を育んだ場所として、なぎさホテルは小説やエッセイにも度々登場しています。



最近では、ホリエモンこと堀江貴文さんも、ホテル暮らしをしていることをインタビューなどでお話しされています。家具など家財道具は持たず、少しの服と愛用品、便利な電子機器などスーツケース2つか3つ分あれば快適に暮らしていけるのだそうです。

一流ホテルが生活の場になるのはなんともうらやましいですね。しかし、ホテル暮らしを実現するには多額の費用もかかります。同等のコストをかければ、都心の一等地の高級マンションを借りたり、あるいは購入だって可能なはず。それでも彼らがホテルを選ぶ、そのメリットとは何でしょうか。



■ホテルに暮らすメリット



①「光熱費」「朝食代」「生活用品」「清掃」が全て宿泊費用に含まれる

賃貸マンションなどの部屋を借りると、最初に面倒な契約書を交わし、保証人を用意し、礼金敷金を支払い、さらに暮らし始めたら部屋代だけではなく水道光熱費も発生します。その1つ1つの契約、支払手続きは、多忙な人には面倒なことこの上ありません。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年5月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。