コロナショックは、ブラックマンデー、リーマンショックに近似。日本株は「買い場」と判断(上)

コロナショックは、ブラックマンデー、リーマンショックに近似。日本株は「買い場」と判断(上)

ブラックマンデー、リーマン・ショック級の暴落となった日経平均

 先週の日経平均株価は1週間で3,318円(16%)下落し、1万7,431円となりました。コロナショックがスタートする前の高値(1月14日:2万4,025円)からの下落率は、28%に達しました(3月13日の場中安値1万6,690円では下落率は30.5%)。


 1987年のブラックマンデー、2008年のリーマン・ショック級の暴落となりました。


日経平均週足:2018年1月4日~2020年3月13日
コロナショックは、ブラックマンデー、リーマンショックに近似。日本株は「買い場」と判断(上)
 

 日経平均がどこまで下がるか考える上で大切なのは、まず過去の暴落局面を知ることです。過去と完全に同じことが繰り返すことはありませんが、暴落局面に共通の需給要因も働いていることを知る必要があります。


 まず、アベノミクスが始まった2013年以降、世界株安に巻き込まれて日経平均が急落した局面と比較してみましょう。


アベノミクス開始後の日経平均急落局面を比較

 アベノミクス開始後、世界株安に巻き込まれて日経平均が急落した局面は、7回あります。 まず、アベノミクス前半、2013~2016年の日経平均をご覧ください。


2013~2016年の日経平均急落局面
コロナショックは、ブラックマンデー、リーマンショックに近似。日本株は「買い場」と判断(上)
急落が4回ありました。

【1】2013年5月:バーナンキ・ショック(日経平均下落率▲18%)
(注)日経平均下落率:日次終値ベース。直前高値から安値までの下落率。
【2】2014年1月:米金利上昇を嫌気(日経平均下落率▲15%)
【3】2014年10月:エボラ出血熱ショック(日経平均下落率▲11%)
【4】2015年7月―16年6月:複合ショック(チャイナショック&資源安ショック&ブレグジットショック)(日経平均下落率▲28%)


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。