『川魚』を生食してはいけない理由を解説 サーモンはなぜOK?

サカナの食べ方でまず思い浮かぶのは「お刺身」。しかしよくよく考えると、淡水魚をお刺身などの生食で見かけることはありません。これはなぜなのでしょうか。その背景にはとても恐ろしい寄生虫がいたのです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

『川魚』を生食してはいけない理由を解説 サーモンはなぜOK?

サカナの生食文化

四方を海に囲まれた日本では古くからサカナ料理が愛されており、世界を代表する魚食大国といっても過言ではありません。中でも特徴的なのが刺し身や寿司などの生食で、中国やアジア圏の一部の国では同様に食べられてはいるものの、ここまで文化として根付いているところは他にはありません。

この大きな理由としては、海から近くサカナがすぐに食べられたことや、衛生面に恵まれていたこと、鮮度を保つために様々な工夫が施されてきたことなどが考えられます。

しかし、よくよく考えると、生食で食べているのはマグロやタイ、アジやイカなど、どれも海のサカナばかりで、ほとんどの人は淡水のサカナを生食で食べたことが無いのではないでしょうか?

日本は海だけではなく、山や川にも恵まれており、コイやマス類を食べる習慣は古くからあり、食べる機会が無かったわけではないはずです。それなのになぜ、淡水魚を生食で食べることが無かったのでしょうか。

川魚が生食に向かない理由

実は淡水魚を生食で食べないことには大きな理由があります。

それは、淡水魚の多くには寄生虫がおり、食べてしまうと感染症になってしまうリスクがあるからなんです。


あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『川魚』を生食してはいけない理由を解説 サーモンはなぜOK?」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    海にも寄生虫はいるとは思いますが、海の寄生虫はほとんど人体に影響がないから生食できるという事でしょうか?

    15
  • 匿名さん 通報

    この鮭とサーモンの違いは初めて聞いた もっとしっかり調べて下さい

    4
  • 匿名さん 通報

    鯉は「鯉の洗い」として生食される淡水魚として最も有名なものの一つです。昔から生食されていなかったと言うのは余りに言い過ぎではないでしょうか。

    3
  • 匿名さん 通報

    広節裂頭条虫を語らずして何を言っているのか。

    2
  • 通りすがり 通報

    他サイトの受け売りの情報ですが、 養殖サーモンは、海水で人間に管理された餌を与えられているようです。そのため海水魚の寄生虫であるアニサキスのリスクも低いので、生食出来るようです。

    1
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。