かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情

かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情
拡大する(全10枚)

この記事をまとめると
■2020年5月よりトヨタ系ディーラーが全車併売を開始した



■振り返ってみると過去、多くのメーカーが多チャンネル展開していた



■なぜこのような販売方法をとっていたのかについて解説する



かつては各販売店に専売車が多く存在した

最近の新車ディーラーの話題といえば、トヨタ系ディーラーが2020年5月よりトヨタ系正規新車販売ディーラー全店での全車併売(すべての店で原則すべての新車の購入ができる)をスタートさせたことが大きなトピックといえよう。全店併売後も多くの地域で、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店という4チャンネル体制が残っている。



そしてチャンネルごとに資本の異なる販売会社となっていることが多いのに、全店併売化となったことで、たとえばルーミー同士など、同一トヨタ車同士の値引き競争がチャンネル間で激化している。消費者目線でいえばいまの状況は完全に“ウェルカム”なのだが、今後はチャンネル統合というものが各地で目立ってくることになるだろう。



かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラー...の画像はこちら >>



新車販売ディーラーの多チャンネル系列というと、いまではトヨタが目立つが、かつては多くのメーカー系ディーラーで多チャンネル化、そしてそれに伴う専売車のラインアップが盛んに行われていた。



日産はいまでは、店舗外装などのイメージは統一しているが、そのなかに日産店、プリンス店、サティオ店が存在している(一部地域は除く)。そして、全店舗で全日産車が購入できるようになっている。そのため、前述したトヨタ系ディーラーと同じように、たとえばノート同士で値引きを競わせることが可能となる地域が多い。


この記事の画像

「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像1 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像2 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像3 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像4
「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像5 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像6 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像7 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像8
「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像9 「かつて専売車種を置き「多チャンネル化」していた新車ディーラーが「統合」された悲しい事情」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク