巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ラブレターを日本語で書く国、ルーマニア

コーヒーのラテアート・ハートは日本でも普通。ルーマニアでは付け合せのピクルスがハート型で登場してきた!

[拡大写真]

海外に暮らしていると現地の人によく「〇〇って日本語でなんていうの?」と聞かれる。若い男性が聞いてきた言葉をまとめてみると……、

イタリアでは「君ってきれいだね」「今夜、暇?」
ドイツでは「いただきます」「ごちそうさま」
メキシコでは「一緒に踊ろう!」

なるほど実にお国柄が出ている。
ルーマニアは? 「愛してる」の日本語を知りたい人が本当に多い。そして恋人の名前も一緒に書いて欲しいのリクエストも。ルーマニア人同士でも日本語でラブレターを書いてみたいそうだ。

実はルーマニアはラテンの国。東ヨーロッパで唯一のラテン国家だ。ラテンのイメージといえば、情熱的・愛の国・女性に優しい、だろうか。サンバのような激しさはないけれど、ルーマニアも踊りの国。ペアで、みんなで、いつでもどこでも踊り、日常でもさりげなく女性の腰や体に手をまわせる。
挨拶の頬キスは海外で多いけれど、ルーマニアでは手にキスも日常。おとぎ話や映画で見る、男性がちょっと膝を落として会釈をするように、女性の手をさっととり口付けをするシーンと同じ。この習慣、最初は戸惑い、キスされる手に力が入ったり、冬で手袋の時はどうするの!? と余計なことも考えたが、慣れれば大丈夫。女性は普通に微笑んでいればいいのだ(笑)。ちなみにルーマニア語で男性から女性へかける挨拶の言葉「Saru’ muna サルムーナ」は文字通り「手にキス(をする)」という意味。なんだかロマンチック!
 
さて、今日3月8日はInternational Women's Day (国際婦人デー)だ。
関連キーワード

2012年3月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!