巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

中学受験、あなたは賛成派?反対派?

ライター情報:鶴賀太郎

語られざる中学受験の実態に迫ったノンフィクション。学校関係者、塾関係者のみならず、実際に受験を経験した親やドロップアウトしたり、いじめの被害にあった親にまで取材をした踏み込んだ一冊。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

きたる2月1日は中学受験の集中日。東京では4人に1人以上が私立や国立中学に進学するというが、受験戦争は熾烈で小学校3年生から塾通いを始めないと志望校合格もままならないという。

何かと先行き不透明な世の中、せめて子どもにはいい教育を受けさせたいもの。塾代やその後の学費を考えると、高校受験でレベルの高い公立にいけば十分ではないかという気もしてくるし、私立中高一貫校に関する書籍を読むと、やはり大学受験やいじめの問題を考えて、経済的に無理をしても中学受験をさせるべきではないか、と逡巡してしまう。それもひとえに、私立中高一貫校に対しての期待が高いゆえだ。

しかし、『中学受験』(岩波新書)の著者であるジャーナリストの横田増生さんは「私立中高一貫校は決して『夢の楽園』ではありません」と警鐘を鳴らす。

「私学にもいじめを始め色々な問題がありますし、成功者の影にはついていけなくなりドロップアウトする子たちもいます」

中学受験が一般的ではなかった地方出身の横田さんは、東京に出てきてから中学受験を礼賛する情報に多く接し、自分の子どもにも私立中高一貫校の教育を受けさせたいと思うようになった。そこで、息子を小学校3年生から進学塾に通わせると同時に、私立中学受験について調べ始めたが、多くの本の情報がどれも判で押されたように礼賛するものばかりで、違和感を覚えたというのだ。

「『中学受験』というタイトルの入った本をランダムに選んだら、10冊のうち9冊までは私立中高一貫校を夢の楽園のように描いています。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/ウェビナーコーチ。
国内外の著者、映画監督、経営者インタビューを得意とする。オンラインマーケターとして、ウェビナー(ウェブ+セミナー)を活用したビジネス構築もコーチ。

URL:ウェビナー

2014年1月24日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!