巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

8

映画『沈黙』はいい映画だけど、冷静に考えてみてほしいこと

2017年2月18日 10時00分
ライター・編集者の飯田一史さんと、『シン・ゴジラ論』を刊行したSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。今回は映画『沈黙─サイレンス─』について語り合います。

スコセッシ監督の新作映画『沈黙』傑作!


(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

藤田 マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』。なんと、遠藤周作の原作を映画化です。驚きました。そして、実に良かったです。「なんで今?」って思ったけど、今やる意味は充分にあった。
 基本的には、キリスト教を布教したせいで日本人のキリシタンが迫害されるのを見て、神はなぜ沈黙しているのかを問う作品ですね。受難もののバリエーションというのかな。それが、キリスト教の植民地主義的な支配の傾向への批判的見解をも経由させた上で、現代に蘇らせた感じ。
 日本人がキリシタンを拷問するのは、アメリカ人がイスラムの人たちを拷問するのと、少し重なって見えた気もしますし。勝手にキリスト教を布教したが故に争いが起きるという主題は、宗教を巡る戦争が起こっている現在に問われる意味があると思います。

飯田 僕もすごいよかったです。ただ一歩引いて見ると、どうなんだろうと思うところもあるのですが……それはおいおい。
 あらすじを簡単に言うと、師匠である司祭フェレイラが日本で棄教して帰化したという知らせを聞いたイエズス会の司祭ロドリゴたちは、キリスト教徒が弾圧され拷問にかけられている江戸時代(天草の乱のあとの時代)の日本へと渡り、フェレイラを探す。日本で奇形化した信仰のありように驚きながらも熱心な信徒たちからかくまわれていたロドリゴだったがついに奉行の井上たちに捕まり、ひとりは殉教し、主人公は「転ぶ」(棄教する)ことを迫られる。説得のために寄こされたフェレイラとついに再会するが、師は「この地は沼だ。信仰が根付かない」と言う……。
 みたいな話です。

藤田 最近のスコセッシ作品は、『シャッターアイランド』『ヒューゴの不思議な発明』があまりピンと来なくて、さほど期待していなかったのですが。躁的なテンションの『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の後にまさかこんなトーンの作品が来るとは……
 敬虔な信徒のモキチを演じた塚本晋也さんの演技がすごすぎたってだけではないと思うんですけど、塚本さんの『野火』っぽさがある。自然の中にずっといながら、ひたすら悲惨なことが起きて、神の存在を問うという内容面でもそうですね。映画版ではほとんど消えていましたが、大岡昇平の『野火』ってキリスト教についての文学、信仰についての文学でもあるんですよ。なんか、映画『野火』でなくなったその主題が、『沈黙』で全面展開されているような錯覚をする映画でした。

飯田 有名な話ですが一応言っておくと、シチリア系移民二世でニューヨークで生まれ育ったスコセッシは、ぜんそく持ちで外で遊ぶとかできなかったので教会と映画館が幼少期の心のよりどころで、司祭になるつもりだった時期もあった。で、映画監督になったあとも信仰を捨てたわけではなく、キリストが普通の人間みたいに結婚して妻と交わり子供を持つことを描いて物議を醸した『最後の誘惑』を撮ったあとで、遠藤周作の『沈黙』に出会って惚れ込んだと。出会いから28年ごしに撮ったわけですが、『最後の誘惑』も企画が企画だけに頓挫したけれどもあきらめずに執念で撮った過去があります。

藤田 遠藤周作の『沈黙』はマジで好きらしいですね。本作もノーギャラで撮ったという話が一部で報じられています。この映画を作る行為自体が、まぁ、求道者的というか、信仰の道になっているような映画ですね。
関連キーワード

コメント 8

  • 匿名さん 通報

    それに飯田氏の>>映画『沈黙』、褒められすぎているというかググっても批判や否定がほとんど出てこないのがちょっとやばいのではと思って って発言が完全に意味不明。 何がヤバいの?(笑)

    7
  • 匿名さん 通報

    キリスト教ってのは本作や監督にとって重要な要素なのだから宗教の話をするのは一概に脱線とは言えないんじゃ。物語がいかに素晴らしいかを語る記事やブログは山程あるしこういう視点の記事があってもよいと思うが

    6
  • 匿名さん 通報

    沈黙っていう作品は読んでみたところ、キリスト教の教えについてというよりも「生きる」とか何かっていうことを問いかけてる本であると思った。

    4
  • 匿名さん 通報

    続き・・・でもこの記事は「沈黙」について語っている記事では全く無くてキリスト教は是か非か、当時のキリスト教の迫害について描けよとかかなり脱線してる。

    4
  • 匿名さん 通報

    原作「沈黙」は私にとって非常に大切で、一生大事に付き合っていきたい小説なので・・ 映画を見るのは怖い、でも見たい、いややっぱり、うーん。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!