巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

リゾート地セブ島に「東横INN」登場 日本との違いは?

ライター情報:清水2000

いつもの枕で目が覚めると、いつもの見慣れた真っ白い天井。あれっ、今日はどこに出張に来たんだっけ?

そう、ここはセブ島! 出張じゃなくてバカンス! 室内はいつもの東横INNだったが、窓を開けるとそこは異国の景色。部屋ごとパラレルワールドに移動したような(漂流教室か)、なんとも不思議な感覚をたっぷり堪能した。
東横INNユーザーにはいつもの通りの室内
しかし窓の向こうはフィリピン!

できたばかりの「東横INNプノンペン」を訪れ、「Excite Bit コネタ」でレポートしたのは2年前のこと。東横INNファンの私は、異国で感じるいつもの光景が最高に面白く、以来、海外東横INNのことが俄然気になるように。

さっそく韓国の東横INNをコンプリート。そして今年4月28日、韓国・カンボジア・ドイツに続いてフィリピンにも「東横INNセブ」がオープンしたと聞き、ここぞとばかりにセブ行きの航空チケットを購入したのだった。

それにしてもリゾート地として知られるセブ島に、ビジネスホテルとして知られる東横INNとは。そこには一体どんな化学変化が起こっているのか……。気になるではないか。


室内は期待以上にいつも通り! 朝食はフィリピン料理もあり美味!


韓国発のLCCだったため、到着は夜1時。初めて訪れる国の深夜タクシーということで緊張したが、15分ほどですんなり到着した。

ビルの入り口でガードマンによる荷物チェックを受けるという違いはあるが、いつものガンダムっぽい制服を着たフィリピン人の女性に、いつもどおり会員証を見せてチェックイン。

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2017年7月18日 08時00分

「リゾート地セブ島に「東横INN」登場 日本との違いは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!