巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

6

ドイツの公共トイレは大抵が有料 でも使用料はどう使われている?

2017年11月6日 11時30分 ライター情報:田中史一

「日本のトイレは何と素晴らしいのだろう……」としみじみ思うことがある。あれほど清潔で多機能なトイレが街のいたるところにあり、しかも無料だ。一方、ドイツでは大抵の公共トイレに使用料を払わなければならない。例えば、駅のトイレは前払い制である。日本のトイレ事情に慣れていると、財布から小銭を出す時間も惜しいくらいに急いでいる時は、「誰だ!? こんなシステムを考えたのは!」という理不尽な怒りがこみ上げてくる。

ドイツのトイレは有料が常であるのに、その使用料については誰も多くを知らない。トイレ使用料は一体どこに行くのだろうか? ベルリン市内の駅、カフェ、デパート、大型ショッピングセンター、屋内市場のトイレで、その行方を探ってみた。


明確だった駅とカフェのトイレ使用料


まずは駅構内のトイレで、清掃担当者にトイレ使用料の行方を聞いてみたところ、「知らない。私たちのところに入ってくるわけじゃないしね。上司が全部どこかに持って行くよ」という答えが返ってきた。使用料は会社が管理しており、使い道は現場の労働者が知るところではないのだ。

続いてはベルリン発祥のコーヒーチェーン店「アインシュタインカフェ」のトイレである。カフェで注文はせずトイレだけ使いたいという場合、清掃担当者に50セント(約67円)を払う必要がある。この清掃担当者はカフェの従業員であり、基本的な給料はカフェから支払われている。そのためトイレ使用料はトイレの備品の購入費用と清掃担当者のチップになるそうだ。

ここまでは私の想像していた範囲内の回答だったが、デパート、大型ショッピングセンター、屋内市場のトイレ事情はもう少し複雑だった。彼らは、それら商業施設に直接雇われているのではない。彼らの雇用主は外部の清掃会社で、トイレ利用者からは見えないところにいる。

まず不思議に思ったのは、デパートと大型ショッピングセンターでは、トイレの写真を撮らせてもらえないことだった。

関連キーワード

ライター情報: 田中史一

ドイツ在住。最近の趣味はバジルの栽培。挿し芽でどんどん増えるので、窓辺が鉢だらけ。バジルソースができるほどの収穫がないのが残念。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    トイレ有料、初めて知りました。日本では都市部はいつのころからはとても清潔で安心できます。気が付かないところで日本の良さが実感できます。給料は安いし物価は高いけど。

    7
  • 匿名さん 通報

    ……ポスターの写真、撮ってるじゃないですか。

    6
  • 匿名さん 通報

    トイレもそうだけど外国の接客を経験すると日本では当たり前に行われてるサービスや環境が他国では当たり前じゃないんだと実感する。

    4
  • ドイツ田舎在住 通報

    数年前、独ARD局で有料トイレの闇という内容が放送。トイレ掃除は下請け業者。マフィア的会社もあり安いEU外国人や移民を雇うブラック企業。下請けの更に下請けもあるとか。誰が責任者か?みたいな。

    4
  • 匿名さん 通報

    北欧はほとんど無料。欧州所要国も無料トイレ増えてるんじゃない?アメリカも都市部以外、ちょっとサバーブいけば無料ですよ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!