巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「低温やけど」の本当の怖さを知っていますか

ライター情報:田幸和歌子
冷え込む季節。低温やけどにはくれぐれもご注意を(画像はイメージ)。

12月6日に、消費者庁より「湯たんぽによる低温やけど」に関する注意が発表されている。
消費者庁は、「就寝時は布団に入れたままにせず、温まったら取り出すこと」を勧めているが、実際には湯たんぽ利用者は朝まで布団に入れている人が多いのではないだろうか。
しかも、一般的に「低温やけど」というと、「軽度のやけど」と思われがちだが、実は普通のやけどより重症化しやすいと聞く。
なぜ? そもそもの定義とは? 『新版 今さら聞けないスキンケアの正解 (主婦の友実用No.1シリーズ) 』等多数の著書を持つ、よしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子院長に聞いた。

「低温やけどとは、40度から60度くらいの、比較的低温で受けるやけどのこと。40度で約6時間、44度で2時間、50度では2~3分で低温火傷を生ずるといわれていますが、その人の体質、部位、熱源が何であるかなどによって時間は異なります」

人間の皮膚温は36度程度。そのため、たとえ40度でも長時間さらされれば、皮膚のタンパク質が熱変性して壊死するそう。それが「低温やけど」ということだ。

重症化しやすく、気づきにくい「低温やけど」


低温やけどは、普通のやけどよりも重症化しやすいと聞く。それはなぜ?
「時間をかけて深い部分まで熱が到達しているためです。深い部分の壊死がはじめに起こり、その後表面の皮膚が壊死していくという順序になります。そのため、はじめはやや赤くなる程度であったものでも、数日後に皮膚が黒く死んで、深いところまで穴があいたように崩れていく、という経過をたどります」
じわじわ時間をかけて深部まで熱が到達する低温やけどの場合、治療には一カ月近く要したり、あとが残ったりすることが非常に多いそう。
実は我が子も小学生の頃、足の一部が赤く腫れ、かゆみをともなっていたため、「どこかで何かの虫に刺されたのかな」と思っていたら、気づくと水ぶくれになっており、皮膚科を受診したところ「低温やけど」と言われたことがあった。その治療の長期間に痛々しさは、見ているだけでも辛かったけど……。
低温やけどの場合、重症化しやすいことに加えて厄介な点は、意外と気づきにくいこと。最初は痛みも少ないため、気づかない人も多いという。

関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2017年12月25日 11時00分

「「低温やけど」の本当の怖さを知っていますか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!