巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

リアル過ぎる二郎系ラーメンの食品サンプル 要望次第でチャーシューの厚みの変更も

ライター情報:スズキナオ
先日、Twitter上でこんな食品サンプルの画像を見かけて驚いた。

ラーメンどんぶりに山のように盛られたキャベツともやし、そしてその上にドッサリかけられた“アブラ”。野菜の多さゆえにあふれ出し、どんぶりをつたってこぼれ落ちるスープの汚れ……。
東京都港区三田に本店を構える「ラーメン二郎」の系列店や、そこから派生した“二郎系”や“二郎インスパイア”と呼ばれる亜流店のラーメンが好きな方なら、一目で「あれ系か」とわかるルックスである。


実際に食品サンプルを注文してみた


これ系のラーメンに目が無い私にとってはたまらない食品サンプルだ。これを机の上に置いていつでもチラチラ見ながら仕事したりできると思うと欲しくて仕方なくなってきて、購入することにした。もちろん一点ずつ手作りされるものなので、価格は“時価”で、必ずしも決まったものではないが、私が購入したものは1万円はしないぐらいの価格であった。毎日ドカ盛りラーメンを眺めて暮らせると思えば安いものである。

数日後、いよいよ食品サンプルが我が家に到着した。ダンボールをあけるとアブラがどっさり乗ったラーメンが顔を覗かせる。シュールだ。

畳の上に置いてみる。

裏側はこんな感じだ。

上から見るとこんな感じ。なんとも食欲がそそられる。

スープのこぼれによる汚れもこのようにリアルに表現されている。

いくら美味しそうでもあくまで食品サンプルなのでベランダに置くこともできる。

室外機と二郎系ラーメンがこんなに似合うなんて知らなかった。

ドカ盛りラーメンを横に置きながら何食わぬ顔で仕事したりもできる。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2017年12月27日 11時00分

「リアル過ぎる二郎系ラーメンの食品サンプル 要望次第でチャーシューの厚みの変更も」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    超賤生ゴミと同じぐらいの汚さ。あんな生ゴミを作る頭狂土人のセンスが、どれだけ日本人のセンスとかけ離れてるかが良く分かるわ。

    3
  • 匿名さん 通報

    釣り針に掛かったw

    1
  • 匿名さん 通報

    日本文明に無縁の地域の食べ物だな

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!