巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

23

欧米人から見ると、日本人は「ちょこちょこおしっこに行くヤツ」!?

2018年3月14日 12時30分 ライター情報:田幸和歌子
1日何回ぐらい行きますか?(画像はイメージ)

「トイレは我慢せずに行きなさい!」
「トイレをあんまり我慢すると膀胱炎になっちゃうよ」

そんなことを幼い頃から親などに言われてきた人、あるいは子どもに言っている人は少なくないはず。

また、出先や、何かしている最中にトイレに行きたくなったことを親や先生に伝えると、

「なんで先に行っておかないの!?」
「だって、さっきは行きたくなかったんだもん」
「行きたくなくても、行っておくの。後で行きたくなったら困るでしょ? トイレに座ればちゃんと出るんだから」

そんなことを言われたことのある人、子どもに言ったことのある人もたくさんいるだろう。

だが、これは実は医学的には間違いだという。
おしっこをある程度我慢することによって、膀胱が大きくなり、溜められる機能が発達するのだ。

頻ぱんにトイレ 日本の文化も背景に


女性医療クリニックLUNAグループ理事長の関口由紀先生は言う。
「おしっこは尿意が起こって出ますが、それを大脳で抑え、抑えることによって膀胱がさらに大きくなり、いっぱいになった時点でゆっくりトイレに行くという機能が、大人には備わっています。それは実は非常に高等な機能で、子どもも幼いうちはできませんし、大人も高齢になったり脳梗塞になったりすると、できなくなってしまうことがあります」

一般的に軽い尿意を感じるのは、膀胱に150~200mlくらい溜まった段階だそう。しかし、その段階ではトイレに行かず、もう少し経ってから行くのが正常な人であり、700mlくらいまで溜められる人もいれば、300mlくらいで出す人もいるとか。
「一方、ちょこちょこトイレに行く人は、最初の150~200mlくらいの段階の軽い尿意でも、ちょこちょこトイレに行く習慣によって、強い尿意に感じるようになってしまっている人です。排尿回数は1日に3~8回くらいが正常で、それよりも多い人は、少し我慢した方が良いですよ」

ただし、「ちょこちょこトイレに行く」のは、日本の文化でもあるという。
「日本人は欧米人から見ると、『ちょこちょこおしっこに行くやつ』みたいに言われるそうです。食べるものも生食文化で冷えやすいですし、教育的な要因もあります」

日本は文化的におしっこを漏らすことに対して非常に厳しい国で、そうした影響もあるそう。
「日本はオムツがいちばん早くとれる国のひとつなんですよ。その理由は、『オムツがとれることが、成長の証』という認識があり、真面目にトイレトレーニングをするから。世界的にはそれほどオムツにこだわっていない国もたくさんあって、5~6歳でもオムツをしている国はたくさんあります」
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

「欧米人から見ると、日本人は「ちょこちょこおしっこに行くヤツ」!?」のコメント一覧 23

  • 匿名さん 通報

    3~8回って幅広すぎるし、人の生理現象にあーだこーだ言われたくない。回数にこだわるのは日本ならではって言いながら、「ちょこちょこトイレに行く」って差別してるのは欧米だと言うのは矛盾では?

    51
  • 匿名さん 通報

    で?ちょこちょこトイレ行って何が悪い?

    44
  • 匿名さん 通報

    そもそも食生活が違うから、トイレに行く頻度も変わってくるような気がする。 誰が何回行こうが他人がとやかく言うことではないのでは?

    38
  • 匿名さん 通報

    日本のトイレは、世界一の性能です。

    23
  • 匿名さん 通報

    回数にこだわってないけど?

    18
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!