巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

22

ニューヨークに納豆を製造する会社がある「米国の食事には納豆が合う」

2018年4月30日 08時00分 ライター情報:迷探偵ハナン

ニューヨークに、納豆を製造・販売している会社があるのをご存じだろうか?
世界中に広がる日本食ブーム。米国でも人々の食に対する好奇心はどんどんと拡大しており、ニューヨークには、すし、ラーメン、焼き肉、天ぷら、トンカツなど、さまざまな日本食のレストランが展開されている。

一方で日本食好きの外国人にとって、まだハードルが高いと思われている日本食が納豆だ。独特の香りと粘り気。箸使いも完璧で日本食が好きなアメリカ人でも、納豆は苦手という人を筆者の周りでもちらほら見かけた。しかし、そのような構図が変わりつつある。

今回はニューヨークで、納豆の製造・販売会社「NYrture(@nyrture)」を設立したアン・ヨネタニさんに、お話をうかがった。ヨネタニさんは、米フィラデルフィア生まれで微生物学者としても活躍する、発酵食品のスペシャリストである。
NYrtureの納豆


納豆のにおいは特別強いわけではない


――米国で納豆を作ることにした経緯を聞かせてください。
私はアメリカで生まれましたが、祖父母が日本に住んでおり、幼い頃から日本に帰った時には納豆を食べていました。納豆という、素晴らしい栄養素を備えたユニークな食べ物に心ひかれた私は、納豆の自作を始めました。その後日本に渡り、東京の神田にある老舗の納豆屋、天野屋の門をたたき、納豆の作り方を学んだ後に、ニューヨークにて納豆の製造・販売を始めました。

――今回ヨネタニさんにお話をうかがう前に、まず近所のオーガニック系スーパーでNYrtureの納豆を買ってみました。私自身、納豆が大好きなので、アメリカ発の納豆はどれほどおいしいのか気になったのですが、お世辞抜きに納豆としておいしかったです。加えて、納豆の特性である香りや豆の歯ごたえ、ネバネバ感も忠実に残しています。この辺り、アメリカでは問題はないのでしょうか?
納豆はフレーバーや食感が独特ではあるもの、それらは欧米の文化の中で、そこまで奇抜過ぎるわけでもないです。アメリカに住む人の思う発酵食品で最もポピュラーなものは、チーズです。チーズはマイルドなものもありますが、においが強烈なものも多いです。そのことを思うと、納豆だけが強烈な味わいの発酵食品だとは一概に言えません。

納豆の試作を繰り返していた頃に、家族や友人に配って食べてもいました。友人の多くは納豆を食べたことがない人たちでしたが、「おいしい!」というコメントをたくさんもらい、自信につながりました。
納豆ピザ


米国の多文化料理に対応力が高い納豆


――私たち日本人の納豆の食べ方と言えば、そのままか白飯や生卵との組み合わせがポピュラーです。NYrtureのサイトでは、アメリカのローカルの人々へ積極的にマーケティングできるよう工夫していると感じました。納豆を普段日本食の枠で食べていない人々は、どのように納豆を食べるのでしょうか。
納豆はアメリカの食文化に、うまく取り入れることができる食べ物だと思います。日本では、例えば白飯と合わせるなど、納豆の個性を主役とするような食べ方が主流ですが、こちらでは日常の食べ物と同じように合わせています。アメリカの食事はそれぞれにしっかり味付けされているため、納豆を合わせても全ての食事が納豆の味になりきらないことが、異文化の食品である納豆の抵抗感を下げてくれます。
ウニ納豆


――例えばどのように食べているのでしょうか?
バリエーションはたくさんありますが、例えばメキシコ料理であればタコスの具の一つとして使えます。メキシコ料理では元から豆をよく食しますし、メキシコ料理のスパイスと塩味は納豆とよくマッチします。インド料理は豆とスパイスの親和性が高いため、納豆とも合います。他にはピザに載せたり、パスタの具に取り込んだり、フムスと合わせて食したりと、多文化なニューヨークの食事に納豆はいろいろな形で組み合わせられます。それぞれがおいしいと思う納豆の食べ方を試してほしいです。
メキシカン納豆


関連キーワード

ライター情報: 迷探偵ハナン

米ニューヨーク在住。飯・酒・サッカー・筋トレを愛する武闘派。圧倒的なその場しのぎスキルと驚異的な丸投げ能力が武器。好物:プリン体高含有の食べ物全般 /苦手なもの:甘い飲み物(含むカクテル)

URL:PRESSEIGREK

「ニューヨークに納豆を製造する会社がある「米国の食事には納豆が合う」」のコメント一覧 22

  • 匿名さん 通報

    卵黄のみと混ぜると匂いなんか一気に無くなるし2つが結合して健康効果が身をもって知ってます。 納豆菌は美容に良いから米国で流行るだろう。

    12
  • 匿名さん 通報

    納豆菌の良さを知らないコメが笑える。 今後、ナットウキナーゼがアメリカ本国のみならず人の体に作用する良い効果が拡がるのは必至でしょう。

    10
  • 匿名さん 通報

    アメリカ(海外の多く)で生卵を食べるのは一般的ではないので、卵黄と混ぜるというのは、海外では使えないアイディアな気がします

    9
  • 匿名さん 通報

    豆腐は今や、欧米で誰もが知る食品。 製造過程、原料など知れば、豆腐のように受け入れられる。要は日本メーカーの本気度。

    7
  • 匿名さん 通報

    NYC住みです。今度見かけたら買います!

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!