巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

14

パリ市が6月末の日曜を「全裸の日」に制定 公園での裸イベントに約1000人が参加

2018年7月3日 18時15分 ライター情報:加藤亨延
公園で行われたヨガ教室の参加者

パリでナチュリスム(ヌーディスム)の機会が広がっている。パリ市では今年から6月最終週の日曜を「パリ・ナチュリスムの日」に制定。初年の今年は、全裸の日に合わせてパリ東部の公園・バンセンヌの森の一部がナチュリストに解放され、6月の青空の下、全裸のヨガ教室やピクニックなど多くの人が裸の日を楽しんだ。

バンセンヌの森がナチュリスト向けに開かれるのは、昨年8月から10月の限定解放に続き2度目。同公園のイベント以外にも、これまでにパリでは一部市営プールでの定期的な全裸遊泳や、ナチュリスト向けのレストラン、美術館パレ・ド・トーキョーの全裸美術鑑賞会などが行われている。

成功裏に終わったパリ・ナリュリスムの日


「今回のイベントはパリ市とパリ警視庁に許可を求めた。特に問題はなく、順調に事を進めることができた」

パリ・ナチュリスト協会の副会長であり、フランスにおけるナチュリスム発展協会の会長のセドリック・アマトさんは、イベントの経緯について質問した筆者に対して笑顔でこう答えた。パリ・ナチュリスムの日は、アマトさんが役員を務めるこれら2つの団体の提案により実現。今回は、昨年10月15日にバンセンヌの森で行われたナチュリストのためのピクニックの参加者730人を上回る、970人が来園。パリ市も認めた裸のイベントは成功裏に終わった。

「今の社会の中でナチュリスムを行うという、私たちの願いを皆に喚起することがこのパリ・ナチュリスムの日の目的。イデオロギーとステレオタイプに対する戦いでもあり、今日は象徴的な日だ」とアマトさんは趣旨を述べる。
セドリック・アマトさん


年々増えるパリのナチュリスト人口


パリで各種ナチュリスム・イベントが広がることと比例して、パリ・ナチュリスト協会の会員数は順調に増えている。アマトさんによれば、現在の同会会員数は417人。ナチュリストということだけに限れば、その数はパリ全体で8万8000人に上るそうだ。「日本人を見かける機会も増えている」とアマトさんは言う。
ナチュリスト向けに解放された公園内の区域

以前は参加者の大半が中高年だったというフランスのナチュリスムも、パレ・ド・トーキョーのイベントなどを通して、最近は一部若い世代の関心も集めている。アマトさんによれば、フランスのナチュリスト全体の29パーセントが30歳未満、そして全体の17パーセントを女性が占める。

関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

「パリ市が6月末の日曜を「全裸の日」に制定 公園での裸イベントに約1000人が参加」のコメント一覧 14

  • 匿名さん 通報

    裸は好きだがどう見ても中高年の人達ばかりだねえ。目に毒というよりも見たくないのが本音。

    7
  • 匿名さん 通報

    ヌーディストビーチ同様、限られた場所で、限られた人たちが、限られた法律の下でやっているだけ。これが文化として地球全体に広がることはない。

    6
  • 匿名さん 通報

    ナチュリストはやめて欲しい,裸は良くないから神はアダムとエバに衣を与えた,神の目から見て良くないことはすべきじゃない

    4
  • 匿名さん 通報

    かつての日本は風呂に入る時も裸ではなかった,ゆかたびらという風呂用の服があった,その名残が浴衣,つまり,本来は浴衣で外に出るのは恥ずかしいことだった,知らない庶民が下品にしてしまった

    4
  • 匿名さん 通報

    かつて日本では混浴露天風呂が当たり前だった 一部にしか残っていない混浴露天風呂を再び全国に広げれば良いと思う

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!