『杉田水脈』に関するニュース(290件)

『杉田水脈』の話題をまとめてお届け。『杉田水脈』に関する最新ニュースの他に、気になる裏話も写真付きで掲載しています。

「『愛・感動、I can do』の精神がなきゃダメ」片山さつき地方創生相が就任早々韻を踏んだ場外ファウル発言 BUZZAP! (2018年10月14日 11時53分)

脈々と続く場外ファウル発言に初入閣記念の新たな1ページが加えられました。詳細は以下から。第4次安倍改造内閣の紅一点として大抜擢され、地方創生相として初入閣を果たした片山さつき議員。就任早々お馴染みの場外ファウルを打ち上げています。片山地方創…続きを読む

勝間和代、杉田水脈発言の核心を語る 「人間より国家が優先されている」 Forbes JAPAN (2018年10月14日 11時00分)

2018年9月上旬、LGBTをカミングアウトしている著述家・評論家の勝間和代が、自民党の衆議院議員である杉田水脈の「LGBTは生産性が低い」発言を批判した。マッキンゼーやモルガン・スタンレーで活躍し、仕事術などの著者として「カツマー」と呼ば…続きを読む

貴乃花は安倍自民党から出馬するのか? 森喜朗との不仲説、実は立憲民主党支持という仰天情報も リテラ (2018年10月14日 10時00分)

貴乃花はほんとうに参院選に出馬するのだろうか? 貴乃花と相撲協会との対立劇は、いつのまにか貴乃花の政界進出問題に話題の中心がうつってしまった。原因はもちろん、貴乃花が相撲協会正式退職からわずか3日後の4日に突然議員会館を訪問、自民党の馳浩…続きを読む

茅ヶ崎市での慰安婦ドキュメンタリー上映に抗議したのはあの“慰安婦像を蹴った”極右団体! 産経も抗議を扇動 リテラ (2018年10月13日 16時30分)

従軍慰安婦の問題を巡って、またぞろ右派・ネトウヨたちの卑劣な攻撃が繰り出されている。今月16日に、神奈川県茅ヶ崎市の市民文化会館で行われる映画『沈黙-立ち上がる慰安婦』の上映会に対し、後援する茅ヶ崎市や市教育委員会へ中止を求めるクレームを…続きを読む

勝間和代がカミングアウト後の心境語る「ネガティブな反応は思ったより少ない」 Forbes JAPAN (2018年10月13日 11時10分)

女性としてフェンシング日本代表になった過去をもち、今年15万人を動員した日本最大のLGBTプライドパレードを運営するNPO法人 東京レインボープライドの共同代表理事を務める杉山文野。自身もトランスジェンダーである杉山が「いま、なぜダイバーシ…続きを読む

「LGBTは性的嗜好、支援不要」の杉田水脈議員をかばう自民党、憲法改正しても同性婚を認めるつもりはありませんでした BUZZAP! (2018年10月12日 18時00分)

「生産性がない」「性的嗜好(※正しくは『指向』ですが、意図的に杉田氏は使い分けています)」と断じ、実際に何らかの大々的な支援が行われているわけでもないのに「支援の度が過ぎる」と切り捨て、野党やメディアを叩くためにLGBTを政治利用した杉田水…続きを読む

新感覚の傑作ホラーが女性に贈る3つのメッセージ。LGBT、フェミニズム… 女子SPA! (2018年10月12日 15時45分)

10月20日に公開されるヨアキム・トリアー監督の『テルマ』。ストーリーこそ違えど、ブライアン・デ・パルマ監督の傑作ホラー『キャリー』(1977年)の遺伝子を受け継いだ名作だという評判でもちきりです。 しかも、ホラーというジャンルを越え、L…続きを読む

『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待! 『あさイチ』で繰り返し語った震災、沖縄、言論の自由 リテラ (2018年10月12日 13時02分)

秋の改編で報道・情報番組がリニューアルし、2週間が経った。本サイトでは、『報道ステーション』(テレビ朝日)が7月からチーフプロデューサーが交代したことを皮切りに、ジャーナリスティックな視点で的確なコメントを発してきたサブキャスターの小川彩…続きを読む

在NY日本総領事館 杉田水脈氏“シンパ団体”に業務委託の怪 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年10月12日 9時26分)

在ニューヨーク日本国総領事館が邦人子女に対するいじめの相談窓口として、業務委託をしている「ひまわりJAPAN」。これが「慰安婦問題は捏造」と断じて、歴史修正主義に傾倒しているトンデモ団体だとして問題になっている。「ひまわりJAPAN」の公…続きを読む

「杉田議員も安倍総理も許せない…」ある不妊治療中の女性の涙 女子SPA! (2018年10月10日 15時45分)

月刊誌「新潮45」の8月号における衆議院議員・杉田水脈氏の、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」という文章に端を発した一連の騒動。新潮社は「新…続きを読む

在NY日本総領事館、慰安婦問題の相談窓口を杉田水脈と繋がる極右団体「ひまわりJAPAN」に業務委託してしまう BUZZAP! (2018年10月9日 17時00分)

慰安婦像を巡る「歴史戦」ががっちり外務省にまで食い込んでいることが分かります。詳細は以下から。◆慰安婦像を巡る「歴史戦」という愚行今年9月には台湾の慰安婦像に極右団体幹事が蹴りを入れる事件が起こり、10月頭には大阪市が慰安婦像の市有化を理由…続きを読む

新しく就任した大臣が「失言」を繰り返す、3つの理由 ITmedia ビジネスオンライン (2018年10月9日 8時51分)

内閣改造の風物詩ともいうべき、「大臣の首を取りましょうキャンペーン」がいよいよ本格化してきた。 まず、分かりやすいのが、毎日新聞の記事だ。 改造内閣に期待8% 麻生氏留任「評価せず」61%(毎日新聞 10月8日 東京朝刊) この見出しだけ…続きを読む

東京・新宿:「すべての命に平等を」LGBTパレード 毎日新聞社 (2018年10月8日 18時13分)

性的少数者(LGBTなど)や障害者、支援者らによるパレードが8日、東京都新宿区で行われた。政治家によるLGBTへの差別発言をきっかけに企画され、「LOVE&EQUALITY すべての命に平等を」というテーマを掲げて街中を練り歩いた。 呼び…続きを読む

貴よりマツコに政界熱視線 トヨタ社長とも友人・出馬なら財界支援態勢が 東スポWeb (2018年10月8日 11時00分)

タレントのマツコ・デラックス(45)が6日、都内のセンタープロムナードで開催中の「東京モーターフェス2018」スペシャルトークショーに登場。マツコが「日本経済界の主要人物」と友人関係であることが明らかになった。いまや性別の枠を飛び越え、屈…続きを読む

『新潮45』問題は新潮社だけの話ではない。ヘイト言説を垂れ流す他社も他山の石とせよ HARBOR BUSINESS Online (2018年10月8日 8時32分)

◆ネトウヨの腐った言説をノーチェックで出す「隙」 ご覧のように本欄『なんでこんなにアホなのか?』は論説や論文の類ではなく、その週に話題となった事柄をピックアップし、私が「好き勝手」なことをコメントする、フリースタイルなコラムのコーナーだ。読…続きを読む

ノーベル平和賞受賞でも日本マスコミは無視…性暴力救済に取り組むムクウェゲ医師が語っていた日本の慰安婦問題 リテラ (2018年10月6日 16時00分)

今年のノーベル平和賞は、性暴力被害者の治療・救済に取り組んできたコンゴ民主共和国の医師、デニ・ムクウェゲ氏と、イスラム国(IS)から受けた性暴力を証言してきたイラク・クルド民族少数派のヤジディー教徒のナディア・ムラド氏の受賞が発表された。…続きを読む

【新潮45】迅速な休刊は正しかったのか 作家・泉美木蘭「自己検証の号を出してもよかった」「言論の場ということを考えてほしかった」 キャリコネ (2018年10月6日 10時00分)

10月4日放送の『モーニングCROSS』(MX系)では、新潮社から休刊が発表された月刊誌『新潮45』ついて出演者が議論を展開した。新潮45は今年7月に発売した8月号の特集「日本を不幸にする『朝日新聞』」の中で、自民党の杉田水脈議員の寄稿「『…続きを読む

「生産性がない」だけじゃない、杉田水脈のトンデモ発言歴ワースト3 女子SPA! (2018年10月6日 8時46分)

「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」などと、月刊誌「新潮45」(2018年8月号)に寄稿したことが波紋を呼んでいる、杉田水脈衆議院議員。 騒動直…続きを読む

「杉田水脈さんは国家の財産ですよ」ほか、“全員野球”安倍内閣の“あの珍言”をもう一度 文春オンライン (2018年10月6日 7時00分)

10月2日、安倍晋三首相が内閣改造と自民党役員人事を行った。初入閣が12人にも及ぶ第4次安倍改造内閣について、「実務型の人材を結集した」と語った安倍首相は「全員野球内閣」と命名したが、評判は上々とは言えないようだ。さっそく新閣僚からはさま…続きを読む

安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪! 百田、上念、有本、「WiLL」が「アウト」「ダメ」「関係ない」「よくわからない」 リテラ (2018年10月6日 6時54分)

自民党・杉田水脈衆院議員の“LGBTには生産性がない”という差別言説を“LGBTを認めるなら痴漢の触る権利も保障せよ”なるヘイトの上塗りで擁護した、自称文芸評論家の小川榮太郎氏。その小川氏をめぐって、極右文化人・安倍応援団界隈がいま、まる…続きを読む

のど飴で8時間も浪費した熊本市議会、「生産性がない」のは政治家だ スマダン (2018年10月5日 17時30分)

熊本市議議員の緒方夕佳議員が、質疑中にのど飴を舐めていたことを理由に、本人を除く全員の賛成で懲罰動議を可決し、議会から退席を命じた問題が大きな問題となっています。たとえ、緒方議員の行動に問題があると感じたとしても、真っ当な方法で批判をすれば…続きを読む

『新潮45』10月号寄稿のLGBT当事者&元参議院議員・松浦大悟インタビュー(上) 「本当に差別を解消したいと思うのであれば議論すべき」 ガジェット通信 (2018年10月4日 11時00分)

ノンフィクション月刊誌『新潮45』が2018年8月号で杉田水脈衆議院議員(自民党)の寄稿『「LGBT」支援の度が過ぎる』を掲載。その中で「同性のカップルは生産性がない」と主張しさまざま批判が巻き起こりました。その後、2018年10月号では特…続きを読む

"極論"に走るメディアは自滅するしかない プレジデントオンライン (2018年10月4日 9時15分)

■「廃刊」の発端は杉田水脈衆院議員の寄稿だった新潮社が9月25日、月刊誌「新潮45」の休刊を発表した。同誌は8月号で性的少数者(LGBT)について「生産性がない」とする寄稿を掲載し、批判を受けていた。新潮社は「部数が低迷して試行錯誤を続ける…続きを読む

『新潮45』休刊論文 小川榮太郎氏に「ネットワークビジネス」の過去 文春オンライン (2018年10月3日 16時00分)

9月25日に休刊が決まった月刊誌『新潮45』。同誌では8月号で杉田水脈衆院議員が「LGBTは生産性がない」と断じた論文が批判を浴びたことを受け、10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という特集を掲載。中でも、休刊の引き金になった…続きを読む

デマをすぐ信じる片山"新大臣"の思考回路 プレジデントオンライン (2018年10月3日 15時15分)

2018年10月2日に発足した第4次安倍改造内閣で、片山さつき参院議員が「地方創生担当相」として初入閣した。唯一の女性閣僚として注目を集めているが、かつて片山氏が広げた「不正受給=在日外国人」というデマは、現在もネット右翼の理論的支柱となっ…続きを読む

『新潮45』廃刊の真相と小川榮太郎氏の正体とは(前編) BestTimes (2018年10月3日 12時00分)

出版業界に衝撃が走った。新潮社の論壇誌『新潮45』が廃刊になったのだ。自民党衆院議員の杉田水脈氏が『新潮45』に寄稿した「『LGBT』支援の度が過ぎる」に端を発する今回の騒動では、文芸評論家を名乗る小川榮太郎氏が書いた「政治は『生きづらさ』…続きを読む

安倍首相が組閣で本性全開! 杉田水脈レベルの差別主義者と歴史修正主義者だらけの“ほぼ全員ネトウヨ内閣” リテラ (2018年10月3日 6時57分)

2日、発表された第4次安倍改造内閣と自民党役員人事。安倍首相は記者会見でこの内閣を「全員野球内閣」(笑)と名付けたが、その実態は自分のお友だちと総裁選の論功行賞という相も変わらぬ私物化人事だった。しかもその面子は、汚職疑惑や不祥事、スキャ…続きを読む

大阪市、慰安婦像設置を巡る「歴史戦」の末にサンフランシスコと姉妹都市解消へ BUZZAP! (2018年10月2日 19時30分)

台湾での蛮行に続き、慰安婦像を巡って半世紀以上の姉妹都市関係が潰えることになります。詳細は以下から。◆大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市関係が解消へアメリカ合衆国のサンフランシスコ市に対し、姉妹都市関係にある大阪市の吉村洋文市長が慰安婦像…続きを読む

『新潮45』LGBT大炎上と「マレーシア同性愛公開杖打ち刑」の共通点 まいじつ (2018年10月2日 16時31分)

(C)Galina Kovalenko / Shutterstock同性愛などLGBT(セクシュアル・マイノリティー=性的少数者)に対する理解は、保守性の強い発展途上国ではまだまだ低い。今年4月、マレーシア東部のトレンガヌ州で、広場に停めた…続きを読む

『バイキング』で坂上忍ら出演者が杉田水脈と小川榮太郎を徹底批判! 安倍首相の責任も追及 リテラ (2018年10月1日 15時17分)

自民党・杉田水脈衆院議員の“LGBTには生産性がない”という差別的主張について、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と徹底擁護した特集を組んだ「新潮45」(新潮社)の休刊問題。イギリスのガーディアン紙までもが「安倍の盟友による“同性愛者…続きを読む