ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

0

コーヒー1杯分の料金で1日利用できるシェアスペース 下町の古民家を働き方改革に活用

2018年2月12日 12時00分

ライター情報:長井雄一朗


「働き方改革」に対応したシェアスペース事業を展開するアイビーリンクスは、東京都荒川区町屋にある一軒家を活用し、コーヒー1杯の料金で1日利用できる会員制のシェアスペース「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」を開設、1月5日から本格的にオープンした。
スマートロックの入退室とネットワークカメラの常時記録・遠隔操作、警備会社との連携により24時間体制のセキュリティーを採用し、OLや主婦などの女性でも安心して利用できる空間を提供する。
この一軒家は古民家のようで、昭和へとタイムスリップし、「懐かしいけれど、実に新鮮」という空間でもある。テレワークなどめまぐるしく働き方改革が推進されるなかで始まった同社の取組みについて、水野功社長に話を聞いた。


1日コーヒー1杯分の低価格にした理由


ivyCafeの1日利用料は電源とWi-Fi、電子レンジなどが使い放題のほか、ドリンクバー(コーヒー、紅茶、日本茶)がついて380円。このほか予約制のミーティングルームは30分単位、500円から利用できるなどのサービスも提供している。

――一軒家を利用したシェアスペース事業の概要からお願いします。
水野 功(以下、水野) 私はもともと不動産とITの仕事をしてきました。そこにまつわる部分で世の中にある「もったいないもの」「十分に価値を生み出していないもの」について、カタチを変えることで、新たな価値を創造できると考え、いくつかの事業をはじめようと思い立ちました。
そこで2017年7月に「アイビーリンクス」を立ち上げました。
事業の初弾として、地域の一軒家、理想としては今、社会問題になりつつある「空き家」の再利用でしたが、都心の駅チカには、そうそう空き家はありません。
たまたま、この東京都・荒川区町屋の一軒家に巡り会えて、オーナーともご縁があり、「働き方改革」「テレワーク」、「地域コミュニティーの活性化」に対応した低料金で1日利用できるシェアスペース 「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」の展開をスタートしました。
一般的にシェアオフィスは、都心のターミナル駅近くにあり、ビルの個室を使って、起業家、フリーランサー、クリエイターをターゲットに展開されていますが、私は、さらに拡大し、普通のサラリーマン、OL、主婦など職業をもっと多様化し、そのなかで、地域に展開していくことができないかと考えています。実は、シェアオフィスは月会費が数万円です。これでは普通の方々が気軽に支払える費用ではありません。
そこで、コーヒー1杯の料金で自分の使えるスペースを用意でき、時間を気にせず一日ゆっくり利用できる会員制のコミュニティー&ワークプレイスを展開していく考えです。
実は世の中にこのようなビジネスはなく、はじめての試みです。これからどうなっていくか分りませんが、お客様になっていただく方の御意見を聞きつつ、軌道に乗せたいです。

――この一軒家は古民家のように風情があり、静かな住宅街にありますね。
水野 私はもともとデベロッパー勤務で、ビルやマンション建設に携わっていました。
再開発などでは、既存の建物をすべて解体し、更地とし、ビルやマンションを建てるのがデベロッパーとしての役割です。しかし、仕事を続けていくうちに、「カタチを変えれば、まだ使えるのでは」と思い始め、古民家に新たな価値が生み出せる可能性があるのではないかと考えたのです。
デベロッパーのプレイヤーは星の数ほどおり、その存在も重要です。しかし、当社のような存在は少なく、この世に生を受けたのですから、仕事をしつつ、世の中に貢献したいという想いがあります。残された人生を生きる中で、存在意義もつくっていきたいです。
実は今回の物件もリノベーションなどの措置を施しておりません。おばあちゃんの家にタイムスリップした感覚と似ており、「懐かしいことがむしろ新しい」という感性が得られ、若者にも喜んでいただけるのではないしょうか。

――東京下町である荒川区町屋を選択した理由は。
水野 事業展開では地区にはこだわらなかったのですが、荒川区町屋は千代田線沿線で、アクセスでは便利でありつつも、非常に混雑する沿線です。
そこで千代田線沿線で物件探しをスタートしましたが、物件であればなんでも良いというわけではありません。
その空間で大切な時間を過ごしたいと願う場所を探していました。ここは、町屋駅から徒歩7分と、少し離れた場所にありますので、一般的にワークプレイスとしては難しい立地ですが、建物に入った瞬間気に入りまして、最初の事業にはぴったりだと確信しました。

ライター情報: 長井雄一朗

建設業界30年間勤務後、アーリーリタイヤで退職。フリーで建設・経済・政治・外国人労働者・中国・韓国について執筆。働き方改革は執筆テーマの1つ。ワイフとともに、日本や海外旅行を満喫。好きな言葉は「私の人生これからだ」

URL:Twitter:@asianotabito

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!