【コスプレ】なぜ中国コスプレイヤーはクオリティが高いのか? 中国コスプレカメラマンが解説

【コスプレ】なぜ中国コスプレイヤーはクオリティが高いのか? 中国コスプレカメラマンが解説
ユウナ『ファイナルファンタジーX』/画像提供:_環宇w_@lhyllalls
「土日やることありませんでしたから」と答えたのは中国人カメラマンの寒黙(ハンモ)さんだ。休日を有意義に過ごすために約4年前から始めたコスプレ撮影で脅威の上達速度を見せ、「世界コスプレサミット2018」では中国メディアの公式カメラマンを務め、「コミックマーケット94(C94)」からはアニメ!アニメ!としてコスプレ取材に行くようになった。

多くの人気コスプレイヤーに撮影技術を見込まれ、しばしば個人撮影を頼まれる凄腕の寒黙さん。夏コミ(C94)中国や日本の主要なコスプレイベントにはほぼ参加して来た経験から、日本と中国のコスプレイヤーの違いを教えてもらった。
また、これまで撮影したコスプレイヤーを代表して茶々丸さん、カメダさん、環宇wさんの写真も一挙掲載したのでご覧いただきたい。

山咲 杏『GANTZ』/画像提供:茶々丸@cyama28※画像クリックまたはタップで他の写真を見る
――コスプレ撮影を始めたきっかけを教えてください。

寒黙
四年前から始めました。いい年齢した男が休みの日に家に閉じこもっていてもつまらないので、コスプレに興味があったことからカメラを購入したんです。本気でコスプレ撮影を始めたのは2015年に仕事で日本に住むようになってからです。

――近年はコミックマーケットに限らず日本のコスプレイベントに参加する中国のカメラマンを見かけるようになりました。日本に来るのが増えているのでしょうか?

寒黙

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年9月3日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。