畠中祐、声優を志した理由は?「日常に芝居が溶け込んでいた」子ども時代から振り返る【インタビュー】

畠中祐、声優を志した理由は?「日常に芝居が溶け込んでいた」子ども時代から振り返る【インタビュー】
畠中祐さん
アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が、人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」。アニメ!アニメ!では、そのインタビュー記事の一部と撮り下ろし写真のアナザーショットをお届けします。

4月は、人気急上昇中の注目声優・畠中 祐さん を特集! 4週連続でアーティスト活動のこれまでと今後の展望を深掘りします。
第1弾「小学生の時から、声優の道へ」では、声優に志すに至った経緯や仕事への向き合い方などを訊きました。
【取材・構成=鈴木隆詩】

──声優としていくつもの作品で主役を演じ、アーティストとしては、2019年3月27日に待望の1stアルバム『FIGHTER』をリリースした畠中 祐。父も母も役者という環境で育った彼は、幼い頃から役者という職業を強く意識していた。

「父も母も、家でよく芝居の一人稽古をしていたんです。僕がテレビを見ていると、背後で父が唐突に、『俺はあいつを殺した』と言いだして、『ああ、芝居のセリフか。びっくりした!』みたいな(笑)。母は振付師でもあったので、キッチンで急に踊り出したりして、日常に芝居が溶け込んでいるというのが、僕の子ども時代でした」

──自分も芝居をしてみたいと思うのは、当然の成り行きだった。しかし、ひとつの問題が……。

「小学生の頃は太っていたんです。映像や舞台の子役になろうとすると、太った子として売り出していくしかないよ、そうすると徹底的に太らないとキャラクターが定着しないよと親に言われて(笑)。一生、その路線の役者として生きていくのかと悩んだ挙げ句、踏みとどまってしまったんです。じゃあ、体型に縛られずにできる芝居はないかと考えて行き着いたのが、声の仕事でした」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 声優 イベント
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年4月3日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「声優 + イベント」のおすすめ記事

「声優 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら