日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘する者たちの姿を描いた辻村深月の小説を原作とする映画『ハケンアニメ!』が、2022年5月20日より全国公開を迎える。

吉岡里帆演じる新人アニメ監督の斎藤瞳と、中村倫也演じる天才監督・王子千晴が、それぞれの作品に全身全霊をかけて「ハケン(覇権)」争いに挑む本作。豪華キャストが集結する中で、本作で女優デビューを果たす声優高野麻里佳も注目のひとりだ。

自身と同様の“声優”役として新境地に挑んだ高野が演じる「郡野葵(むれの・あおい)」とは、一体どんなキャラクターなのだろうか。そして、本作で新境地に挑む高野にまつわる必見ポイントとは。この記事で紹介する。

■アイドル声優“群野葵”というキャラクターは?
瞳と王子がアニメ業界の頂点「ハケン(覇権)」の称号をかけ展開する“胸アツ”なバトルが大きな見どころとなる本作だが、そんな物語の鍵を握ることになるのが、高野演じるアイドル声優の群野葵だ。
瞳が監督デビューを果たす『サバク』こと『サウンドバック 奏の石』で、葵は主人公・トワコ役を務めることとなる。彼女と瞳の関係性の変化が、「ハケン(覇権)」争いの行く末を大きく左右するのだ。

葵がトワコ役に抜擢されたのは、作品をヒットさせることを第一に考えているクセ者敏腕プロデューサー・行城理(柄本佑)の采配によるもの。キュートなルックスやアイドル的人気を理由にした起用だが、背水の陣で監督デビューを果たした瞳とはなかなか折り合いがつかず、時には涙を見せて現場を混乱させてしまう。

この記事の画像

「高野麻里佳「アニメの制作現場ってこういう感じ」“声優役”で見せる新たな魅力とは―― 映画「ハケンアニメ」」の画像1 「高野麻里佳「アニメの制作現場ってこういう感じ」“声優役”で見せる新たな魅力とは―― 映画「ハケンアニメ」」の画像2 「高野麻里佳「アニメの制作現場ってこういう感じ」“声優役”で見せる新たな魅力とは―― 映画「ハケンアニメ」」の画像3 「高野麻里佳「アニメの制作現場ってこういう感じ」“声優役”で見せる新たな魅力とは―― 映画「ハケンアニメ」」の画像4