【香川「地名」ケンミン性】樺川(=香東川)は良い香りをたたえて流れる川から由来《47都道府県「地名の謎」》

【香川「地名」ケンミン性】樺川(=香東川)は良い香りをたたえて流れる川から由来《47都道府県「地名の謎」》
       

 



 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️



■何度も変遷のあった讃岐国

豊作を祈願して行われる、江戸時代から続く小豆島の伝統行事「虫送り」。提供/香川観光協会" />



《香川県の由来》



良い香りをたたえて流れる川

 江戸時代後期に記された『全讃史』によると、昔、香川の奥山に「樺川(かばかわ)」というところがあった。
 その地にはたくさんの「樺の木」が生えていたため、そこから流れる川の水は、樺の良い香りをたたえながら流れていたという。
 ここから「香川」という呼び名が広まり、地名になったとされる。
 またこの川は、現在も香川県中部を流れている「香東川(こうとうがわ)」とされており、川の名前から地名が生まれたとも。
 現在の香川県が成立したのは明治13年(1880年)である。



《地名の由来》◉坂出(さかいで)坂を出た先には村が

 江戸時代、赤穂の藩政に耐えかねて、当地に移住してくる人が多かった。 
 これを見た隣村の人が「坂(田尾坂)を出るといつの間にか所々に家が建ち、村ができている」と驚き伝えたことから、「坂出」になったという。



◉紫雲出山(しうでやま)玉手箱から出た紫の煙

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。