外食産業でも数少ない成長市場の回転寿司業界が、曲がり角を迎えている。帝国データバンクの調査によると、2020年度の回転寿司市場(事業者売上高ベース)は前年度から約3%減少の7200億円前後にとどまり、右肩上がりの成長から一転、初の縮小に転じると見込まれている。回転寿司業界の現状について、帝国データバンクデータソリューション企画部情報統括課副主任の飯島大介氏に話を聞いた。

大手で増収はスシローとくら寿司のみ

――これまで、回転寿司業界は積極的な出店やファミリー層の囲い込みなどで成長してきました。

飯島大介氏(以下、飯島) ファミリー層の囲い込みに加え、近年は増加するインバウンド需要にも後押しされ、19年度の市場規模は過去最高の7400億円台に達するなど、拡大傾向にありました。コロナ禍で外食産業全体が逆風に晒された20年度も、他の業態に先駆けて店内飲食からテイクアウトに転換を図り、ウーバーイーツなど宅配サービスの利用拡大を進めてきました。

 昨秋以降は「Go To イート」にも助けられ、コロナ禍でも手軽に食べられるメニューとして、回転寿司は消費者に支持されました。こうした外部環境から、縮小する外食産業の中でも回転寿司業界は例外として、新型コロナの影響は比較的限定的なものにとどまると考えられてきました。

――しかし、やはりコロナ不況に襲われたということですね。

飯島 最初の緊急事態宣言によって店舗の時短営業や休業を余儀なくされたことが影響し、一時期は売上高が前年同期比7割減となる企業も出ました。また、昨年後半はテイクアウトやデリバリーに他の業態が相次いで参入したことで、消費者の選択肢が次第に増えた点も影響しました。特に地方の独立系チェーン店では、移動自粛の影響で、本来なら帰省客で賑わうはずだったお盆や年末年始の「まとめ買い」需要が消失したことも大きな痛手となったとみられます。