女優の福原遥がヒロインを務める2022年度後期の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合ほか)の追加キャストとして、赤楚衛二山下美月乃木坂46)、長濱ねるらの出演が発表された。

【写真】乃木坂46・山下美月、長濱ねるら、2022年秋スタート朝ドラ『舞い上がれ!』新キャスト

 連続テレビ小説第107作となる本作は、1990年代から現在までを舞台に、ヒロインがものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生のドラマ

 ヒロイン・岩倉舞(福原)の幼なじみを演じるのは、共に連続テレビ小説初出演の赤楚衛二、山下美月(乃木坂46)。

 赤楚が演じるのは、岩倉家の隣にあるお好み焼き屋「うめづ」の息子で、舞と同い年の梅津貴司。気は優しく好青年だが、「ふつう」になじめない性格。幼い頃に古本屋で詩と出会って「ことば」を紡ぎ出すことに興味をもち、やがて舞にとって心のオアシスのような存在になっていく。

 赤楚は「僕の演じる貴司はとてもセンシティブで自分の世界を持っています。夢に向かって生きる舞ちゃんの幼なじみとして、肩肘張らずに背中を押してあげられる存在になれたらいいなと思っています」と話す。

 山下が演じるのは、舞の同級生・望月久留美。幼い頃に両親が離婚して父子家庭で育ち、実業団のラグビー選手だった父がけがで失職したせいで、貧しい子ども時代を過ごす。舞が気にかけてくれたのをきっかけに親友になるが、舞とは対照的に堅実な看護師の道を目指すようになる。

 山下は「舞に寄り添いながらも、自身の困難に立ち向かっていく久留美のたくましさに私自身が勇気をもらっています。久留美と一緒に私自身も成長し、ご覧いただく皆さんに前向きで温かい風をお届けできるよう全力で演じさせていただきます」としている。

 東大阪の人々を演じるのは、山口智充くわばたりえ古舘寛治又吉直樹松尾諭、たくませいこ。くわばたと又吉は連続テレビ小説初出演。

 山口はお好み焼き屋「うめづ」の主人で貴司の父親・梅津勝、くわばたは「うめづ」のおかみで貴司の母・梅津雪乃、古舘は舞の父・浩太(高橋克典)が経営する工場のベテラン職人・笠巻久之、又吉は古本屋「デラシネ」の主人・八木巌、松尾は久留美の父・望月佳晴、たくまは舞と久留美がアルバイトするカフェの女主人・津田道子を演じる。

 長崎・五島列島の人々を演じるのは、いずれも連続テレビ小説初出演の哀川翔鈴木浩介、長濱ねる。

 哀川は舞の祖母・祥子(高畑淳子)と懇意にしている船大工・木戸豪、鈴木は役場勤めで舞の母めぐみ(永作博美)の同級生・浦信吾、長濱は祥子が作ったジャムを店で売っている山中さくらを演じる。

 連続テレビ小説『舞いあがれ!』は、NHK総合ほかにて2022年度後期放送。