向田邦子の名作『阿修羅のごとく』が、小泉今日子小林聡美、安藤玉恵、夏帆を迎えて舞台化され、9月より上演されることが決定。ビジュアルが解禁された。

【写真】映画の舞台あいさつに登場した小泉今日子

 『だいこんの花』(1970)、『時間ですよ』(1971)、『寺内貫太郎一家』(1974)など数々の話題ドラマを生み出した、昭和を代表する脚本家・向田邦子。食べもの、旅行、ファッション、猫など、あらゆる物事に興味を持ち、好奇心旺盛なその生き方は、現代もなお多くのクリエイターに影響を与えている。

 その向田の代表作である『阿修羅のごとく』は、1979年にドラマが放映された当時、和田勉氏の斬新な演出と、加藤治子八千草薫いしだあゆみ、風吹ジュンの共演で視聴者に鮮烈な印象を残し、その後も再放送が繰り返される度に作品のファンを増やしていった名作。これまで映画版としてリメイク(2003年森田芳光監督)されたり、商業演劇として舞台化(2004年、2013年)もされてきた。今回の舞台版では、向田のセリフはほぼそのままに、シーンと登場人物を大幅にカット。“四姉妹(を演じる女優)のバトル”に焦点を当てる。

 演出を担当するのは、舞台『クラウドナイン』『海越えの花たち』などを演出したほか、女優としても活躍し、映画『愛しのアイリーン』でキネマ旬報助演女優賞を受賞した木野花。脚色は、2004年に『ワンマン・ショー』で第48回岸田國士戯曲賞を受賞し、近年では『鎌塚氏、放り投げる』をはじめとする“鎌塚氏シリーズ”や『お勢、断行』の演出、バラエティ番組『LIFE~人生に捧げるコント~』(