7月7日~9日までの全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、シリーズ完結編となる『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』が、週末金土日動員25万6000人、興収3億9400万円をあげ、公開2週目にして1位を獲得した。累計では動員93万人、興収13億6200万円を突破している。



【写真で見る】「7月7日~9日の全国映画動員ランキング」

 2位は、先週首位発進した『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 ‐決戦‐』が、週末金土日動員22万9000人、興収3億1600万円と高稼働を見せたものの、ワンランクダウン。累計成績は動員88万人、興収11億6200万円を突破した。

 3位は累計65万部を突破する櫻いいよの青春小説を実写映画化した『交換ウソ日記』が、初週金土日動員13万3000人、興収1億6400万円をあげ初登場。主演に高橋文哉、ヒロインに桜田ひよりを迎え、みずみずしい青春を描く。

 4位は公開5週目となる『リトル・マーメイド』がランクイン。累計では動員183万人、興収27億円を記録している。
5位は公開11週目となる『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』。累計では動員898万人、興収128億円を突破した。

 その他、9位には全世界でシリーズ累計出荷本数1億3000万本を超えるサバイバルホラーゲームを羽住英一郎監督が長編CG映画にした『バイオハザード:デスアイランド』が初登場を果たした。

 7月7日~9日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』
第2位:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 ‐決戦‐』
第3位:『交換ウソ日記』
第4位:『リトル・マーメイド』
第5位:『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』
第6位:『それいけ!アンパンマン ロボリィとぽかぽかプレゼント』
第7位:『劇場版アイドリッシュセブン LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD』
第8位:『怪物』
第9位:『バイオハザード:デスアイランド』
第10位:『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』