「大映ドラマで培ったのは根性!」鶴見辰吾と伊藤かずえが27年ぶりの共演を語る

 鶴見辰吾と伊藤かずえが夫婦役として共演を果たす映画『埼玉家族』が公開中だ。共演は、大映ドラマ『ポニーテールはふり向かない』以来、実に27年ぶりのこと。2人を直撃すると、「いつでも共演できると思っていたら、なかなか機会がなくて!」(伊藤)、「27年とは、自分たちでも意外だよね」(鶴見)と、顔を見合わせて大きな笑顔がこぼれた。映画の見どころから、大映ドラマの思い出までをたっぷりと語り合ってもらった。

【関連】懐かしの話題から、厚い信頼関係を感じられる『埼玉家族』インタビューフォトギャラリー

 本作は、新進気鋭の監督4人が、埼玉県に住むごくごく普通の家族をテーマに、父親・母親・息子・娘、それぞれの物語を4編のオムニバスとして描いた作品だ。『ポニーテールはふり向かない』のほか、『スクール☆ウォーズ』、『乳姉妹』など、数々の大映ドラマで共演を重ねてきた鶴見と伊藤。夫婦役を演じるのはどのような心境だったろうか。

 鶴見は「僕達は若い時に、密度の濃い期間を一緒に過ごしていますから。最初から、非常に良い信頼関係が出来上がっているんです。夫婦間の独特なニュアンスも、ごく自然な形で成立させることができた。そういうのは、長い間、役者をやってきた我々の財産、武器のひとつだと思うんです」としみじみ。伊藤も「演じる上で、探り合ったり、相談したりもせず。『鶴見くんなら、やっちゃって大丈夫だろうな』と思っていました」と厚い信頼を寄せる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク