TVアニメ『Dr.STONE』、キャラクター設定画解禁

TVアニメ『Dr.STONE』、キャラクター設定画解禁
TVアニメ『Dr.STONE』7月放送開始(C)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会
 全人類が謎の現象により一瞬で石化してから数千年後を描いたTVアニメDr.STONE』。7月から放送される本作のキャラクター設定画が解禁となり、キャラクターデザインを担当する岩佐裕子のコメントが到着した。

【写真】TVアニメ『Dr.STONE』PVショット&キャラクター設定画<フォトギャラリー>

 本作は、原作・稲垣理一郎、作画・Boichiによる「週刊少年ジャンプ」の同名コミックのアニメ化。全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年、超人的な頭脳を持つ、根っからの科学少年・千空が目覚める。文明が滅んだ石の世界(ストーンワールド)を前に、千空は、科学の力で世界を取り戻すことを決意。体力自慢の幼馴染・大木大樹はじめ仲間をよみがえらせ、ゼロから文明を作り出していく。

 キャストは、千空役の小林裕介、大木大樹役の古川慎、小川杠役の市ノ瀬加那、獅子王司役の中村悠一、コハク役の沼倉愛美、クロム役の佐藤元、金狼役の前野智昭、銀狼役の村瀬歩と、豪華声優陣が名を連ねている。監督は飯野慎也、シリーズ構成・脚本は木戸雄一郎、アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが担当する。

 キャラクターデザインは、『D.Gray‐man』や『弱虫ペダル』など数々の作品で作画監督を務めた岩佐が担当。公開されたコハクのキャラクター設定画について岩佐は、「コハクは格好良い表情やアクションなど描いていて楽しいです。原作のシルエットなど気をつけています」と明かし、クロムについてはコハク同様にいろんな表情をするので「表情など一番主人公ぽいかもしれません」と分析。さらに、金狼について「こういうクールなキャラクターが好きなので、実は一番描きやすいです」とコメントし、銀狼については、「いいですよね、ゲスくて。一番わかりやすく表情が変わるので、このキャラクターも描いていてすごく楽しいです」とそれぞれ描き終えた感想を残している。

 また現在、本作ディザーPVとして<石の世界編><科学クラフト編>の2本が公開中で、メインキャラクターのボイスが確認可能となっている。

TVアニメ『Dr.STONE』は7月から放送開始。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年5月20日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。