俳優の織田裕二が不正と戦う銀行員役で主演を務めた『連続ドラマW 監査役 野崎修平』(2018年1月放送)の続編『連続ドラマW 頭取 野崎修平』が、WOWOWプライムにて2020年1月19日より毎週日曜22時に放送されることが決まった。

【写真】主演の「織田裕二」フォトギャラリー

 本作は、原作・周良貨、漫画・能田茂による同名経済漫画をドラマ化。経営悪化したおおぞら銀行の頭取に再任された野崎(織田)が、頭取の座を狙う役員たちから失脚を企てられる中、銀行を再生させようと自分の正義を信じて奮闘する姿を描く。

 織田が演じる野崎修平は、おおぞら銀行国有化に伴い辞任後、産業再生機構に勤めて多くの企業再建に従事し、そのノウハウを身に着けていた。荒廃したおおぞら銀行を救うべく“頭取”としてカムバックを果たし、社会に貢献できる理想的な銀行づくりを目指して改革に乗り出す。

 前作に続き、松嶋菜々子が、野崎が去った後のおおぞら銀行を常務として支えていた立川祥子役を演じる。

 さらに新キャストとして小澤征悦風間俊介の出演が決定。小澤が演じる取締役・京極春樹は、前作で野崎の前に大きく立ちはだかった京極元頭取(古谷一行)の息子。財務省主計局のエリート官僚だったが、自ら望んで米国の銀行に転職。その後、おおぞら銀行に役員として入り、頭取の座を奪い返すため祥子と共に野崎と対立していく。

 風間が演じるのは、おおぞら銀行融資部に勤める石原俊之役。石原は頭取として戻ってきた野崎の事を良く思っていなかったが、野崎から託されたミッションを遂行していくうちに考えが変わり、銀行再生の一役を担う。