『最愛』最終回 真犯人&事件の真相に視聴者騒然「悲しすぎる…」<ネタバレあり>

『最愛』最終回 真犯人&事件の真相に視聴者騒然「悲しすぎる…」<ネタバレあり>
拡大する(全1枚)

 女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が17日に放送され、事件の真相が明らかになるとネット上には「悲しすぎる…」「涙とまらん助けてー!」と言った反響が巻き起こった。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】『最愛』衝撃の最終回 15年前の事件の真相が明らかになったシーン

 10日放送の第9話では、母・梓(薬師丸ひろ子)が寄付金詐欺疑惑に対する謝罪会見を開き警察へ出頭。テレビで会見の中継を見た後藤(及川光博)は取り乱し、落ち着かせようとした梨央ともみ合ううちに階段から転落、救急車で搬送される事態に。一方、ラストシーンでは大輝のもとを訪れた藤井(岡山天音)が、「15年前、あの台風の夜。本当は事件の現場におりましたよね?」と大輝に詰め寄る場面が描かれた。

 最終回の後半、大輝は加瀬に電話をかけると15年前の死体遺棄事件の日のアリバイを訪ねる。すると15年前の回想シーンとなり、達雄(光石研)と弁護士の加瀬(井浦)が、梨央の大学進学について話し合っている姿が描かれる。その後、“男を刺した”という優からの電話を受けた達雄は加瀬とともに寮に戻る。加瀬は、梨央と優の将来を思う達雄に懇願され事件を黙認。達雄と共に刺されて亡くなった渡辺康介(朝井大智)の死体遺棄に協力するのだった。

 さらに大輝は加瀬に芝池公園での康介の父・渡辺昭(酒向芳)殺害事件についても追及。すると事件当日の回想シーンへ。加瀬は当日、梨が公園へ向かったと聞き自身も公園へ。そこで昭と出くわすことに。康介を殺した犯人を突き止めたと叫びつつ、康介が女性を狙った暴行事件について「ちょこっとイタズラしただけやないか~!悪いのは誘ってくる女の方や~!」と開き直る。この言葉を聞いた加瀬は激怒し「あなたの息子のせいで!真面目に生きてる人たちの人生が狂わされた…」と憤りつつ、警察へ行こうとする昭のつかみ池へと投げ入れる。その拍子に昭は後頭部を強打し亡くなるのだった…。

 そして大輝は、橘しおり(田中みな実)の転落死についても加瀬に追及。回想シーンでは、しおりと加瀬がビルでもみ合いになった拍子に転落した様子も描かれた。

 ドラマの中で描かれた一連の事件の真相が明かされ、加瀬が関わっていたことが明かされると、ネット上には「悲しすぎる…」「あああ…辛い」「涙とまらん助けてー!」「こんなのしんどい…」「加瀬さんを責めないでやってくれ」「最愛の優と梨央のためにか、、」などの声が殺到していた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

吉高由里子のプロフィールを見る
クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「吉高由里子」に関する記事

「吉高由里子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉高由里子」の記事

次に読みたい「吉高由里子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク