増え続ける「できちゃった結婚」20代と60代の「結婚動機」に違い歴然

増え続ける「できちゃった結婚」20代と60代の「結婚動機」に違い歴然
       
 晩婚化・非婚化が進む一方の日本。厚生労働省の発表によれば、2008年の平均初婚年齢は男性30.2歳、女性28.5歳。1970年(男性 26.9歳、女性24.2歳)、1990年(男性28.4歳、女性25.9歳)と比べ、徐々に初婚年齢が遅くなっていることは明らかだ。背景には、結婚に対するどのような意識の変化があるのだろう。トヨタマーケティングジャパン(東京都文京区)が行った調査で、年代別の「結婚動機」に明確な違いがあることがわかった。

 調査は20~60代の子どもを持つ男女1万人を対象に行ったもの。

「結婚動機」を聞いたところ、20~60代まで、どの年代でもトップだったのは「一緒に生活したかったから」。しかし、2位以下の項目で大きな差が出た。

 まず目立つのは、結婚動機が「子どもができたから」という、いわゆる「できちゃった結婚」について、20代が突出して多いこと。約31%と、全体の約3割が「できちゃった結婚」だった。30代(約12%)、40代(約6%)、50代(約2%)、60代(約2%)と、年代が上がるにつれて少なくなる。

「できちゃった結婚」「でき婚」が流行語となったのは1990年代後半。月9でドラマ「できちゃった結婚」が放映されたのは2001年のこと。今や芸能人の結婚報道で「妊娠はしていない」などの説明が付け足されるのはお約束だが、こうして数字で見ると改めて驚く人も多いのでは。最近では「授かり婚」「おめでた婚」と言われることもある。
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。