bit

タクシーはどこまでも乗せてくれるのか?

タクシーはどこまでも乗せてくれるのか?
忘年会シーズン。終電を逃してタクシーのお世話になる人も多いはず
早いもので、そろそろ忘年会シーズン。この時期、タクシー利用がいつもより増える人も多いのでは?

ところで先日、休日の中央道を走っているタクシーを見て、行き先がどこか気になった。そういえば、タクシーって一体どこまで連れて行ってくれるのか。極端な話、東京から大阪だってお金さえ払えば行ってくれるのか。「あまりに遠方だと帰りの高速代を請求される」なんて話も聞くけど……。

そこで関東運輸局に話を聞いてみると、地域によって設定は違うそうだが、たとえば同局の管轄下では、
「営業区域の境界から概ね50kmを超えた場合には、運送を断ることができることになっています」
ただしこれには、高速道路や自動車専用道路、その他有料道路(東京湾アクアラインをのぞく)は含まれない。また、特別区・武三地区(東京23区及び武蔵野市、三鷹市)など一部の地域では、1乗務(出庫から帰庫までの連続した勤務)における乗務距離が365kmまでと定められているが、こちらも高速道路などは含まれない(首都高をのぞく)。

ということは、料金さえ払えばどこにでも連れていってもらえる?
「いえ、たんに距離だけでなく、労働時間なども考慮する必要があります」
なるほど、たしかに。また高速道路を使用する場合、営業区域の境界から50kmを超えると、帰りの高速料金を請求してもよいことになっているのだという。このほか京浜地区(横浜・川崎他)などでは、東京湾アクアラインの帰りの料金を請求できるそう。ちなみにタクシーは基本的に営業区域内でしかお客さんが乗せられないので、遠方では帰りに別の客を乗せることはできない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年11月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース