bit

イタリアではアイスにみりんをかける!? あっと驚く海外日本食事情

料理でデザート以外「甘い」概念があまりないヨーロッパ。イタリア人の台所でみりんを使い日本食を作った時、彼らはみりんを舐め「これアイスにかけるの?」と。甘いドルチェはとことん甘くカステラに甘いリキュールをかけたがったり、蕎麦に味が足りないとフレーバーオイルをかけようとしたり。日本人には当たり前のモノも海外では通用しない。
日本食は人気だが捉えられ方は国さまざま。ヨーロッパ生活10年中から海外日本食事情をご紹介しよう。

▼ 日本人だって同じかも!?
上述のイタリア、昔は日本食はかなり高価で寿司デートはスペシャルだったが、今はだいぶ地元の人に定着している。毎月1度は刺身を食べる元同僚や、巻き寿司セットを愛用する友人、アジア雑貨やインテリアの店も増え、箸常備の家も少なくない。しかし日本人がパスタ=スパゲッティとなるように、イタリア人にとって、海苔もわかめも昆布もみーんな「海草」のひとくくり。

ご存知だろうか。ペンネや細いカペッリーニくらいは日本でも知られているが、パスタには穴が開いているブカティーニや、耳たぶの形のオレキエッテ、詰め物をしたトルテリーニ・トルテローニ、実に多くの種類がある。日本での主流はスパゲッティなので、現地では決してスパゲッティで食べないソースもスパゲッティ使用にしてしまう。同様に外国でも勝手に日本のメニューがアレンジされている。ラーメンとあるのにうどんが出てきた時はびっくり! 漫画の影響で「すする麺」が人気だが、彼らにとってうどんもラーメンも蕎麦も大差ないようだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク