bit

スマートフォンで“香り”を届ける



他にも、色々と考えられる。
・ゲームアプリの特徴的なシーンで、その局面にふさわしい香りが放たれる
・観光スポットが“屋久杉”香りのタンクを旅行客にプレゼントし、リピーターになってもらう
・アイドルイベントで、アイドルの汗の臭いをタンクにして会場中で共有する
・ニュースレターと共に香りも送信する
「“たら、れば”はいくつも考えられますので、どことどう連携するかが大事になっていきます」(前川さん)

実は同社、『着パフ』の海外展開も視野に入れているようだ。
「バルセロナの展示会で出展したのですが、その際は7社から『いつ出るんだ!?』と質問を受けました」(前川さん)
思うに、海外では“香り”をファッションの一部と考えている国が多い。一方、日本は無臭文化。香りで体臭を隠す海外の方が、パーソナルユースとしての『着パフ』は相性が良いかもしれない。

しかし、携帯から放たれる“香り”は新鮮だった。私も実際に嗅がせていただいたのだが、これがもう初体験の驚きで! 「話す」、「聞く」、「書く」、「読む」くらいだった携帯電話に、新たに「嗅ぐ」という要素が加わったのです。
私だったら、親友に“ガソリンの香り”を送っちゃうな。
(寺西ジャジューカ)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク