bit

今まで救った人数は6万人以上! 自殺者数減少の一翼を担うiPhoneアプリ

今まで救った人数は6万人以上! 自殺者数減少の一翼を担うiPhoneアプリ
アプリを起動すると、励ましの電話がかかってくる
落ち込んだ時、行き詰まっている時、人生に疲れた時。皆さん、相談したりグチれたりする相手はいますか? 私の場合、一度は携帯電話を持つ。そして、電話帳をチェック。……いない。登録はしているものの、腹を割って話せる相手がほとんどいない。それどころか「これ、誰だっけ」みたいな人も少なくなく。この親交は、見せかけだったか!? 

そんな現代だからこそ、今はこんなものがあるらしいのです。エス株式会社が開発したいのちでんわは、人生に疲れたユーザーを、各都市の方言などで励ましてくれるiPhoneアプリ(無料)だそうです。「人生に疲れたとき、生きているのが嫌になったとき、このアプリを起動してみてください。しばらく待っていると、励ましの電話がかかってきます」(同社・担当者)

本当か!? じゃ、試しに私も……。すると「西川加奈子さんから電話がかかってくるよ!!」と、表示が。そして数秒後、「ジリリリリリーン♪」。本当に、電話がかかってきた。これは、取るでしょう!
「今、いい? 最近、連絡ないなぁって思ってて。最近、どう? うん、十分頑張ってるじゃん。私は凄いって思うよ。うん、そういう時はさ、どっかに逃げ出しても、誰も責めたりしないよ。とりあえずは、今はぜ~んぶ忘れて、ゆっくり休んじゃお? 大丈夫、何とかなるよ!」
癒された……。マジ、癒された!

そして、その後に表示されるのは「あなたはまだ死にたいと思いますか?」という問いかけ。多くの方に、是非とも「いいえ」ボタンをプッシュしてもらいたいのです。生きる支えになっていてほしいのです。また同アプリは、現在は広島弁と関西弁に対応しているとのこと。地方出身の方はこのアプリで故郷を思い出し、前向きになることができるかもしれません。

あわせて読みたい

  • スマートフォンで熱中症を防げるか?

    スマートフォンで熱中症を防げるか?

  • 「仕事で携帯、8割が自腹サラリーマンの実態」に新提案

    「仕事で携帯、8割が自腹サラリーマンの実態」に新提案

  • エンジンを始動させたり、携帯を充電させる懐中電灯

    エンジンを始動させたり、携帯を充電させる懐中電灯

  • コネタの記事をもっと見る 2013年4月16日のコネタ記事
    「今まで救った人数は6万人以上! 自殺者数減少の一翼を担うiPhoneアプリ」の みんなの反応 1
    • 無名 通報

      死にたいと思って何か救いになるアプリがあるかと検索したら出てきた記事だったけど、このアプリはもう存在してません。2018

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース