bit

世界のアート好き外国人が注目する小さな島、「直島」へ

       
「旅行の目的は、京都でも東京でもなく直島」というフランス人一家。「有名なフランスの雑誌にも日本のお勧め旅行先は『直島』と載っていて、ずっと来たいと思っていた」と、その雑誌の切り抜きを興奮気味に見せてくれた。ベルギー女性も目的は直島。「すでに島を一周したが、地中美術館(*1)内のモネ『睡蓮』が忘れられず、もう一度戻る」と感動しきりだった。

NPO法人直島町観光協会の藤井さんによると、「直島を訪れる外国人旅行者の正確な数字は分かりませんが、体感的にはここ数年、ずっと20%~25%を維持しているように感じます。案内窓口に質問に来られる方の3~4人にひとりは外国人の方という日も少なくありません」

話を聞いた外国人は、ドイツ、台湾、フランス、アメリカ、オランダ、韓国、ベルギーと国籍も多様。「ヨーロッパからはフランス、アジアは韓国、ユーラシア以外ではアメリカからのお客様が一番多いです。韓国では、ここ3年で取材や旅行代理店からの問い合わせが増え、団体旅行のお客様も沢山こられています」(藤井さん)。外国の旅行者たちが口を揃えるのは、アートの素晴らしさはもちろんのこと、島の人たちのもてなしや自然の壮大さ、景観の美しさだった。

「海外で人気や実績のある建築家の建物やアート作品があり人気を得ているのは事実ですが、アートの島という一面だけではなく、直島の多様性が多くの外国の方に受け入れられているのではないかと思います」(藤井さん)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年6月21日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。