bit

「おしい! 広島県」が放つ、数量限定の貴重なハート型レモン

「おしい! 広島県」が放つ、数量限定の貴重なハート型レモン
「ハート型レモン」JA三原柑橘事業本部(尾道市瀬戸田町)では、国内で唯一「ハート形レモン」を生産・販売している。
ハート型を見ると心がときめく私は、いまだ乙女といえるだろうか……。

見た目は普通のレモンのようだが、スライスするたびに可愛いハートがお目見えする 「ハート型レモン」は、国内では唯一、広島県で生産・販売されている。広島といえば、牡蠣やお好み焼きが思い浮かぶが、レモンの生産が日本一と言われ「えっ、そうなの?」と驚いた。

「初恋はレモン味」とはよく言ったもので、紅茶に浮かぶハート型のレモンを見ると、昔の初恋を思い出せるだろうか……。さて、こちらのレモンは非常に手間をかけ育てられている。この夏、新しい型枠が開発され、以前よりは栽培の手間がかからなくなったというが、生産現場では様々な苦労があったそうだ。

従来の型枠だと半分程度の果実しかハート型にならなかったり、輪切りにした時にハート型になる部分が半分以下だったり……。う~ん、おしい!

そこで農家の皆さんにとっては、おしい! ハート型レモンを、おしくない! ハート型レモンにするため、広島県立総合技術研究所西部工業技術センターが平成23年から型枠の開発に着手。

ここで力を発揮したのは3Dプリンターだ。同センターでは、「おおよその寸法が決まった段階で3Dプリンターを使用して試作品を作り、見た目や寸法形状を細かくチェック。レモンの生育テストを繰り返し、改善点を見つけて修正を行い、生産者にも利用者にも喜ばれる型枠の開発を目指した」という。

理想の型枠に仕上げるには何度も形状の変更を求められるが、3Dプリンターをうまく利用し時間と経費を削減。果実全体を包むような形状のため、レモンが大きくなる力で型が壊れないようにするため、強度はあるが軽く仕上げることに苦労したという。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年12月16日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース