review

続出する不幸の連鎖を、どう8対7で大逆転していくのか「ルーズヴェルト・ゲーム」2話

       
倒産寸前にまで追い詰められた中小精密機器メーカー・青島製作所と、背部危機の同社の野球部の奮闘と逆転を描くドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系・日曜21時)。第一回では、つなぎ融資を受けられない危機を担当銀行員の陰謀を暴くことで何とか乗り越え(第一回レビューはこちら)、派遣社員・沖本和也(工藤阿須加)は製造部のピッチャーとして登板、153km/hもの豪速球を投球できる才能をみせた。

第二回では、製造部所属の派遣社員・沖原和也(工藤阿須加)の過去と野球部への参加をメインエピソードに、ライバルメーカー・イツワ電器から実用新案権侵害の訴訟を起こされるまでが描かれた。筆者が感じた、この回の裏テーマは“内部の憂いを見つめて現状を把握し乗り越える”ということ。

派遣社員である沖原和也は、正社員になるために三年間無遅刻無欠勤で働き、同僚から“奴が金を使っているのを見たことがない”と言われるほど。実は高校時代には名門高校で一年エースに抜擢されていた逸材だったのだが、元エースととりまきによるイジメから暴力を振るい退部に追い込まれた過去があった。

沖原の隠された過去と、再び野球に取り組む決心のストーリーで大きな障害になったのは、大量納品する機器の機種間違い。
正しい機種には在庫がなく、製造部をあげて取り違えた機種の内部プログラムを書き換えて対応するしかないという事態に陥ったわけだが、これは沖原のトラウマを取り除き新しい自分として再出発するストーリーにピッタリのエピソード。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事

次に読みたい「ルーズヴェルト・ゲーム」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ルーズヴェルト・ゲーム

ルーズヴェルト・ゲーム

ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系・日曜21時)は、危機的状況に陥った中小精密機器メーカー・青島製作所と同社の野球部それぞれの逆転劇を描いたドラマ。凄まじい投球を披露した主人公演じる工藤阿須加は、元・プロ野球選手の工藤公康の長男。

2014年5月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。